SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

DNP、読売新聞東京本社、SMNが広告ビジネスで協業 マス3媒体を横断するデータマーケティング実現へ

 大日本印刷(以下、DNP)、読売新聞東京本社、ソニーグループでマーケティングテクノロジー事業を行うSMNは、広告配信サービス「Media X(メディア エックス)」の運用での協業に合意した。

 今回の協業により、既に連携している読売新聞グループのデータ基盤「yomiuri ONE」とSMNのインターネット接続テレビの視聴データ「Connected TV Data Bridge(TVBridge)」に加え、DNPグループのハイブリッド型総合書店「honto」のアクセスデータを連携。

 これにより、新聞・出版物(雑誌など)・テレビの3種類のマスメディアを横断したデータマーケティングの実現を図る。加えて、広告配信を通じた企業と生活者とのエンゲージメントの強化や、成果などを確認するレポーティングの精度向上を目指していく。

住宅の取得に興味・関心がある世帯をターゲットとした場合のイメージ
住宅の取得に興味・関心がある世帯をターゲットとした場合のイメージ

 Media Xは、ユーザーの行動データを連携し生活者の関心が高まるタイミングに広告を配信するサービスだ。データの掛け合わせによる広告効果の向上に加えて、ユーザーの媒体への情報接触についてその内容や時点を把握できる。なお、データの連携および活用に関しては個人を特定する情報には連動させないこととし、プライバシー保護に十分に配慮して行う。

【関連記事】
大日本印刷らが「行動認識AI」をBPOサービスに導入 人の行動を感知・分析し、売り場の最適化を支援
大日本印刷、メタバース分野でPwCコンサルティングと協業開始 自治体や企業の導入活用を支援
読売新聞らが「YxS Ad Platform」を開始 新聞・テレビの接触データに基づく広告配信を実現
SMNと読売新聞東京本社、新聞×テレビの接触データを連携し広告ビジネスを展開
読売新聞、コンテンツマーケティング事業に参入 「YOMIURI BRAND STUDIO」設立

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/12/08 15:00 https://markezine.jp/article/detail/40763

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング