SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

花王、生活者と直接つながる双方向デジタルプラットフォーム「My Kao」の運用を開始

 花王は2022年12月15日(木)より、生活者と直接つながる双方向のデジタルプラットフォーム「My Kao」を立ち上げ、運用を開始した。

My Kaoの画面イメージ。右はMy Kao内に開設された「Kao Beauty Brands Play Park」

 My Kaoでは、暮らしに役立つ情報や花王のサステナブルな取り組み、各ブランドの旬な情報などを集約して発信。My Kao内には美容に関する双方向型のコミュニティサイト「Kao Beauty Brands Play Park」を開設し、社内外の専門家やインフルエンサー、ユーザーの声を基に共創型のコンテンツを制作・展開する。あわせてECサイト「My Kao Mall」も開設することで、コンテンツに触れたユーザーが商品を購入できるようにした。

 My Kaoでは「My Kao ID」という共通のOne-IDを基に会員サービスを展開する。これにより、ユーザーの暮らしに関する様々なデータを収集。集まったデータに基づいてユーザーへの理解を深め、新しい商品やサービス開発につなげる。

【関連記事】
ツルハHDとアドインテが構築した「ツルハグループAds」、花王ブランドの広告配信事例を紹介
買い物を通じて社会貢献を促すプロジェクトが発足 第1弾には花王、ネスレ日本、NTTドコモなどが参画
花王がオンラインカウンセリングサービスを開始 非接触で肌の状態を解析するコンテンツも
電通とオールアバウト子会社、BtoB企業のオウンドメディアを支援するサービスの提供を開始
資生堂と早大広告研究会が協力 Z世代向けのブランドコミュニケーションを考えるプロジェクトを始動

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/12/20 18:15 https://markezine.jp/article/detail/40841

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング