SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第99号(2024年3月号)
特集「人と組織を強くするマーケターのリスキリング」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

資生堂と早大広告研究会が協力 Z世代向けのブランドコミュニケーションを考えるプロジェクトを始動

 資生堂は早稲田大学広告研究会と協力し、同社のZ世代向けブランド「SIDEKICK(サイドキック)」のブランドコミュニケーションについて考える「SIDEKICK Let's be Awesomeプロジェクト」を始動する。

SIDEKICKのストアプロモーションを実施する予定の資生堂ビューティ・スクエア

 SIDEKICKは、資生堂が2022年6月、Z世代を対象にローンチしたメンズスキンケアブランド。早稲田大学広告研究会は、早稲田大学公認の学生コミュニティ。学生の立場から広告の学術的・実践的研究を行っている。

 今回始動したプロジェクトでは、同研究会の現役大学生とともにZ世代の求めるブランドコミュニケーションを模索。ターゲット世代が考えたコミュニケーションによりZ世代の興味を喚起し、ブランドの理解を図るのが狙いだ。具体的にはZ世代の集まる原宿にある「資生堂ビューティ・スクエア(※)」において、ここだけのストアプロモーションの実施を検討している。また、同研究会と資生堂ビューティ・スクエア双方でプロジェクトの進行過程をSNS発信していく。

※資生堂が運営する原宿にある店舗。化粧品の販売に加えて、デジタルを活用したビューティー体験や、ヘアメイクアップのサービスを提供している

【関連記事】
資生堂、新会員サービス「Beauty Key」を9月スタート 複数の会員サービスをOne IDに集約
プロダクトも広告も「体験デザイン」として届けていく。資生堂クリエイティブが目指すブランディング
電通デジタル、デジタル人材育成に向けDX講座を開始 早稲田大学・大阪大学・神戸大学で開設
横浜高島屋、スタイリストが提案するコーディネートを楽しめるメンズファッションのサブスク開始
資生堂、150周年を記念し通年で体験型コンテンツを展開 第一弾は「過去から現在」に着目

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/12/02 07:00 https://markezine.jp/article/detail/40733

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング