SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

2023年は「NewJeans」に注目!10代女性のトレンド予測・ランキング【memedays調査】

 SNSトレンドとZ世代インサイトの研究機関「memedays(ミームデイズ)」は、「10代女性の2023年上半期トレンド予測および2022年下半期トレンド」の調査を実施した。

2023年上半期は「NewJeans」「NMIXX」に注目

 まず、2023年上半期の10代トレンドキーワードを予測。「芸能人・インフルエンサー」部門と「エンタメ・アイテム」部門で選出した。

 芸能人・インフルエンサー部門の予測では、2022年8月にデビューした韓国の5人組女性アイドルグループ「NewJeans(ニュージーンズ)」が選ばれた。同グループのアートワークはY2K(2000年代)の世界観となっており、彼女たちのヘアメイクやファッションを真似する10代女性も増加している。

 「NMIXX(エンミックス)」は2022年2月にデビューしたガールズグループだ。その歌唱力の高さに注目が集まり、TikTokやYouTubeで人気を博している。また2022年12月にデビューした9人組男性グループ「&TEAM(エンティーム)」にも注目。韓国と日本のカルチャーが融合した新しいグループになると期待されている。

 インフルエンサーでは、独特な世界観のASMRで人気の「パンナコタ」が選出された。またYouTuber「えるにーにょ」は、高校生ながらゲーム配信・ショート動画・長尺動画を使い分け、10代を中心に人気が上昇している。

エンタメでは「マッシュル」、アイテムは「バラクラバ」が話題

 次に、エンタメ・アイテム部門では週刊少年ジャンプで連載中の漫画作品「マッシュル」を選出。同作品は2023年にテレビアニメ化が決定している。2023年3月に映画が公開予定の「わたしの幸せな結婚」は、主演を「目黒蓮(Snow Man)」が務めることで注目が集まっている。

 アイテムでは「バラクラバ」が選ばれた。「目出し帽」を意味するが、日本ではニット生地で紐付き、顔全体が外に出るデザインが人気だ。「SHEGLAM(シーグラム)」は、グローバルファッションブランド「SHEIN」による、オリジナルコスメライン。商品ラインアップと低価格で、まとめ買いするZ世代が増えている。

 2022年10月に発売開始となった「Wonjungyo(ウォンジョンヨ)」は、「TWICE」メンバーの専属メイクアップアーティストの「ウォン・ジョンヨ」がプロデュースした韓国の新コスメブランド。低価格帯でありながら韓国アイドルメイクが再現できると話題になっている。

2022年下半期は「チグハグ」「アームウォーマー」がトレンドに

 続いて、2022年下半期10代トレンドランキングの結果を公開。「SNSミーム」「芸能人」「インフルエンサー」「エンタメ」「アイテム」の5部門ごとにランキング化した。

 SNSミーム(InstagramやTikTokなどで広がる投稿アイデア)部門では、男性アイドルグループ「THE SUPER FRUIT」の楽曲「チグハグ」が1位となった。芸能人部門の1位は「目黒蓮(Snow Man)」となり、テレビドラマ「silent」で主要キャストを演じたことで話題となった。インフルエンサー部門ではVTuberの「壱百満天原サロメ」が1位だった。

 エンタメ部門の1位は漫画「SPY×FAMILY」となり、2022年上半期トレンドランキングに続き連続での選出となった。2022年下半期はアニメ放送の2期がスタートしたことで、再度話題に。アイテム部門では「アームウォーマー」が1位だった。「令和ギャルファッション」としてZ世代にヒットし、多くのK-POPアイドルが衣装に取り入れている。

【調査概要】
調査対象:15~19歳の女性525名
調査期間:2022年11月2日(水)~3日(木)
調査方法:インターネット調査

【関連記事】
2022年は 「K-POP第四世代」「吸死」に注目!10代女性のトレンド予測【memedays調査】
2021年下半期は「INI」に注目!10代のトレンド予測&上半期のランキング【memedays調査】
トレンダーズ、横山隆治事務所開発のモデルを活用した“SNSプロモーション戦略メソッド”を発表
トレンダーズ、Pinterestの広告運用代行サービスを開始 クリエイター&アカウント運用経験を活用
トレンダーズとTwitter、インフルエンサー投稿と広告を合わせたパッケージプランなどを開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/12/22 15:45 https://markezine.jp/article/detail/40907

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング