SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

2021年下半期は「INI」に注目!10代のトレンド予測&上半期のランキング【memedays調査】

 トレンダーズのSNSトレンドとZ世代インサイトの研究機関「memedays(ミームデイズ)」は、「10代女性の2021年下半期トレンド予測および2021年上半期トレンド」を調査し、その結果を発表した。

2021年下半期トレンドキーワードは「INI」「フォーエイト」「板垣李光人」

 2021年下半期に流行しそうなキーワードを有名人とアイテムに分けて調査。対象者にトレンドを予測してもらい、その中から注目すべきものを、同研究機関が選出した。

 「有名人」部門は以下の通り。

 人気オーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」から誕生したボーイズグループ「INI(アイエヌアイ)」を選出。番組の最終回が放送された2021年6月13日には関連ワードが多数Twitterトレンド入りした。2021年内にデビューシングル発売が決定しており、注目が高まっている。

 次に「フォーエイト(48)」は、YouTubeやTikTokで活躍する8人組。元々TikTokで多くのフォロワーを抱えていたメンバーが2018年にYouTubeチャンネルを開設。チャンネル登録者数は128万人超となっている。

 「板垣李光人(いたがきりひと)」は、中性的なオーラが魅力の注目俳優。2021年4月から日本テレビ系で放送されたドラマ「カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~」で主演を演じ、一気に知名度を高めた。独自の世界観のあるファッションやメイクで同世代の憧れの的でありつつ、「オタク」を自称するなど親しみやすい一面もあり、注目されている。

 また「とうあ」「ブリアナ・ギガンテ」など、YouTubeから誕生した個性的なインフルエンサーもトレンドワードとして挙がった。

エンタメ部門は「プロセカ」「ASMRスイーツ」「ライブ参戦服」に注目

 次に、「エンタメ・アイテム」部門のトレンドとなりそうなキーワードを予測し、5つ選出した。

 スマホゲーム「プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク」(略称:プロセカ)を選出。10代に人気のスマホゲーム「バンドリ!」の運営会社とセガゲームスが協業で発表したリズム&アドベンチャーゲームで、クオリティの高い楽曲と10代の共感性が高いストーリーが魅力だ。「YOASOBI」や「Ado」といった、いわゆる「ボカロP」が関わるアーティストが人気の中、本作でも著名なボカロPがクリエイターとして参加している。

 次に選出されたのは、「ASMRスイーツ」。「パリッ」「コリコリ」といった、開封や咀嚼の音が楽しい食べ物がTikTok映えするとして注目されている。中でもカンロが発売している「グミッツェル」は、グミなのにパリパリした食感が特徴で、TikTokではハッシュタグが130万回以上も視聴されている。今後も「音」を楽しむスイーツは注目されそうだ。

 3つ目には「ライブ参戦服」が選ばれた。コロナ禍以降、10代の「推し事」への情熱は「推しグラス」「推しゴーグル」といった、家の中で楽しむ創作に注がれていた。下半期はワクチン接種が進み、ライブ会場やリアルな場へ繰り出す機会も増えると予想されるため、推し事を思いっきり楽しむためのファッショントレンドが生まれそうだ。

 その他には、「中国コスメ」「Girls Planet 999(略称:ガルプラ)」が選出された。そして、これらのトレンド予測を踏まえmemedaysは、2021年下半期のエンタメ・アイテムにおけるキーワードとして「音映え」「推し外出」「グローバル感」の3つを挙げた。

 TikTokやInstagramリールといった短尺動画を好む10代にとって、「音」は非常に重要な要素だ。またコロナ禍で抑圧された「推し事」への情熱は、家の中から外へと向かっていくことが予想される。そしてオンライン化が進み世界中のコンテンツを楽しむことが当たり前になり、今まで以上に「グローバル」という視点がトレンドに反映されそうだと同調査機関は指摘した。

SNSでは「顔隠し加工」が流行

 続いて、2021年上半期トレンドを調査し「SNSミーム」「芸能人」「インフルエンサー」「エンタメ」「アイテム」5つの部門ごとにランキング化した。

 SNSミーム部門では、「顔隠し加工」が1位となった。また、SNSミームとはInstagramやTikTokなどで広がる投稿アイデアを指し、memedaysが造語化したもの。

 ひと昔前までは自撮りをいかに「盛るか」が話題となっていたが、最新トレンドはいかに「隠すか」に変化してきている。「ミー文字加工」など2021年上半期はかわいく顔を隠した投稿が急増した。2位から4位はTikTokで人気のSNSミーム「いやヤバいでしょ」「青森ナイチンゲール」「クリティカルヒット」がランクイン。これらは10代を中心に広がり、著名人による投稿も多数見受けられた。

 その他、同調査機関で明らかになったデータ一覧は以下の通り。

【調査概要】
調査対象:15~19歳女性
調査人数:525名
調査日:2021年6月15日
調査方法:インターネット調査

【関連記事】
トレンダーズ、メンズビューティー特化プロダクション「Soft Drink」を設立
20代の7割以上が「インフルエンサー消費」の経験アリ 好感がもてるPR投稿とは?【トレンダーズ調査】
トレンダーズ、Instagram分析ツール「Growseeds」を提供 企業のアカウント運用を支援
約3人に1人が音声メディアを日常的に利用/使ってみたい媒体にClubhouseも【トレンダーズ調査】
子持ち女性の7割強が「Instagramで衝動買い」経験 情報収集源は一般人が多い/トレンダーズ調査

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/06/30 17:30 https://markezine.jp/article/detail/36647

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング