SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

2022年、Twitterで話題になったアーティストは?JO1やINIが上位に【ホットリンク調査】

 ホットリンクは、主要音楽セールスランキングからピックアップしたアーティスト30組を対象に、アーティスト名を含むツイートの件数を分析。2022年にTwitterで話題になったアーティストを調査した。

クリックして拡大

 結果、対象アーティスト全体の言及数・UGC数ともに2021年と比べて増加傾向にあった。

 言及数1位はJO1(約8,373万件)となり、2位にはINI(約5,386万件)、3位に BTS(約4,424万件)と続いた。またUGC数では、King&Prince(約696万件)が1位となり、Snow Man(約516万件)、SixTONES(約433万件)と男性アイドルグループが上位を占めた。

 なお女性アーティストの言及数トップは、2021年に続きTWICE(約1,055万件)、 UGC数のトップはAdo(約248万件)だった。

 2022年初めてトップ30入りを果たしたアーティストでは、INIを筆頭にBE:FIRST(約2,520万件)、SEVENTEEN(約1,397万件)、なにわ男子(約1,382万件)、IVE(約443万件)などがランクインした。

【調査概要】
集計期間:2022年1月1日(土)~2022年12月10日(土)
対象メディア:Twitter
※Twitter10%サンプリングデータを利用

【関連記事】
ホットリンクとコルク、「UGC創出マンガパッケージ」を開始 マンガを活用したSNSマーケを支援
ホットリンクとTikTokクリエイター事務所「CRAZE」 縦型ショート動画活用した支援体制を強化
ホットリンク、「TikTok UGC創出パッケージ」を提供開始 話題化する企画と広告で後押し
ホットリンクとノバセル、テレビCM・タクシー広告とSNSを活用したBtoBマーケティング支援を開始
ホットリンク、モバイルファクトリーと提携 SNSとNFTを融合させたサービスの提供を目指す

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/12/27 16:00 https://markezine.jp/article/detail/40916

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング