SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂ら、オンラインでの接客ロールプレイングサービスを開始 シナリオ作成や音声解析との連携も

 博報堂と博報堂プロダクツによる顧客接点ソリューション開発チーム「博報堂gmove」は、「オンライン接客ロープレサービス」の提供を開始した。同サービスは、企業の商談品質の向上を目的として、営業スタッフが好きな時間にオンラインで顧客役と実際の商談ロールプレイング(以下、ロープレ)を実施できるもの。

 具体的には、各企業に合わせたロープレのシナリオ作成、質の高いロープレパートナー(顧客役)の育成、営業・接客技術における評価指標の作成、オンライン受講の環境・システム整備までをワンストップで提供。オンラインでの実施により、録画データの見直しや優れたロープレを営業スタッフ間で共有することも可能だ。

 さらにロープレの録画データを、博報堂DYホールディングスのマーケティング・テクノロジー・センターが開発した対話音声解析システム「CONOOTO(コノート)」の解析と連携。受講者の発話時間や声の周波数、重要なフレーズや口癖などの分析を実施できる。

【関連記事】
博報堂、ヤフーらと「Social Booster」を開始 SDGs視点で商品・サービス開発を支援
博報堂とJAL、Web3を活用した地域の体験型NFT「KOKYO NFT」の実証実験を開始
博報堂DYグループ、「地域DXソリューション」を提供 地方自治体や事業者のDX・ECを支援
博報堂プロダクツ、AIでリアルイベントの来場者に対し関心度を計測する「イベスコ」の提供を開始
博報堂ら、各顧客の売り上げ・成約データの連携をせずにデジタル広告運用を最適化するサービスを提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/02/15 17:15 https://markezine.jp/article/detail/41349

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング