SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂、ヤフーらと「Social Booster」を開始 SDGs視点で商品・サービス開発を支援

 博報堂の「博報堂SDGsプロジェクト」は、ヤフーが運営するメディア「Yahoo! JAPAN SDGs」およびREADYFORと共同で、「Social Booster(ソーシャル・ブースター)」の提供を開始した。

 同プログラムは、企業と社会活動家をつなぎSDGsの視点で商品・サービスの企画から受容性の検証、実装までを一気通貫で支援する。

クリックして拡大

 具体的には、3社が持つネットワークから企業が取り組む社会課題に応じて社会活動家を選出し、企業とつないでいく。加えて、社会活動家の知見や経験を反映した商品・サービスを企画し、READYFORのクラウドファンディングプラットフォームでその受容性を検証しながらアップデート。生活者のニーズに沿った商品・サービスを開発することで、SDGs配慮商品を扱うECサイトでの販売を支援する。

 同時にYahoo! JAPAN SDGsのメディアを活用した情報発信や、クラウドファンディング支援者を中心としたコミュニティ構築など、企画内容に応じたアクションを展開。企業のビジネスの創出と社会課題の解決を目指す。

【関連記事】
博報堂が「ソーシャルインパクト創出支援プログラム」を開発 社会課題を起点としたマーケティングを支援
博報堂ら、人的資本経営をコミュニケーション面から支援するプログラムを開始 ESG経営を推進
博報堂、女性の健康課題視点で企業の事業構想を支援するプログラム提供へ
SDGsを巡る購買行動/10代においては意識の高い層と低い層の両極化が浮き彫りに【博報堂調査】
ヤフー、SDGsをテーマに社会課題をわかりやすく伝える「Yahoo! JAPAN SDGs」を公開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/02/13 17:00 https://markezine.jp/article/detail/41324

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング