SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

BOOKS

マスターカードのCMOが解説する「クオンタムマーケティング」とは【お薦めの書籍】

 テクノロジーの進化や価値観の多様化などを背景に、かつてのマーケティングアプローチでは消費者から共感を得にくい時代が到来しています。本稿では、先行きの見通せない中でも粉骨砕身するマーケターに向けて、マスターカードのグローバルCMOがマーケティングの現在地を解説した1冊を紹介します。

現代は第5パラダイムという“断崖”

 今回紹介する書籍は『クオンタムマーケティング 「プライスレス」で世界的ブランドを育てたCMOが教える最新マーケティング論』。著者はマスターカードのグローバルCMO兼CCOおよびヘルスケア部門プレジデントのラジャ・ラジャマナー氏です。

『クオンタムマーケティング 「プライスレス」で世界的ブランドを育てたCMOが教える最新マーケティング論』 ラジャ・ラジャマナー(著)三宅康雄(訳) 日経BP 2,420円(税込)

 ラジャマナー氏は、アジアン・ペインツやユニリーバで営業および製品管理を担当した後、シティグループのシティ・グローバル・カードでエグゼクティブ・バイスプレジデント兼CMOなどを経験。その後、現職に就いています。また2021年には『フォーブス』誌「世界で最も影響力のあるCMO」の一人に選出されました。

 本書の第1章では、過去から今日に至るまでのマーケティングの概況を解説しています。第2章では、著しい進化を遂げるテクノロジーの中でも、特にマーケターが押さえておきたい技術をピックアップして紹介。第3章以降では、各テクノロジーの詳しい解説から著者が考えるマーケティング組織の育て方まで話を展開しています。

 本書の前半で、著者は読者にこう語りかけます。

今、私たちは第5パラダイムという断崖の上に立っている。これが、クオンタムマーケティング時代だ。(p.40)

 「クオンタム(quantum)」は「量子」を意味する科学用語です。本書では、クオンタムを量子の意味から転じて「従来のアプローチで説明できない影響」というニュアンスで使っており、クオンタムマーケティングを「マーケティングの世界で未曽有の変化が起きていること」として使っています。未曽有の変化とはどのようなものなのか。そして「第5パラダイム」とは一体何を意味するのでしょうか。

テクノロジーを恐れず、理解する精神が肝要

 著者は「マーケティングの世界は、今日までに五つのパラダイムシフトを経験してきた」と振り返ります。第1パラダイムが「プロダクト・マーケティング」です。「消費者の購買決定は商品の品質に基づき、論理的に行われる」という仮説に立ってマーケティングを行うことを指します。

 第2パラダイムが「エモーショナル・マーケティング」です。商品のコモディティ化が進んだ結果、企業は機能的価値よりも情緒的価値に重きを置いて商品を訴求するようになりました。第3パラダイムが「データドリブン・マーケティング」です。インターネットの台頭によりWeb広告が登場したほか、ターゲティングや効果測定などによってマーケティングの最適化が進みました。

 第4のパラダイムが「デジタル&ソーシャル・マーケティング」です。移動を前提としたデジタルデバイスとSNSという二つの大きなインパクトにより、消費者の情報接触量はかつてないほどになったといいます。

 そして今、まさに到来しようとしている第5のパラダイム。それが「クオンタムマーケティング」です。前述の“未曽有の変化”とは、テクノロジーの進化を背景とする消費者の生活様式の変化であり、この変化に対応するためマーケターには「偏見を持たずに広い心を持つこと」「テクノロジーへの精通」が求められると著者は語っています。

AIに抵抗のあるマーケターは淘汰される

 クオンタムマーケティング時代到来の要因となる複数のテクノロジーのうち、本書では以下の四つを取り上げています。

1.無限のデータ
2.人工知能(AI)
3.ブロックチェーン
4.5G

 著者は、この四つのテクノロジーに対するマーケターのあるべき姿勢を説いています。たとえば、膨大な消費者データから意味を見出し、施策に落とし込む姿勢です。「一晩でデータのエキスパートにならなくても良いが、少なくとも適切な疑問を投げかけ、答えを適正に咀嚼できる程度には自ら学ぶべきだ」と著者は勧めます。

 また、AIは驚異的な量のデータを分析し、パターンや関係性を瞬時に洗い出せるなど、マーケティングへの恩恵は大きい一方で、構造が複雑なためマーケターからは敬遠されがちです。しかし、著者は「優れたマーケターこそ(AIを)学ぶべき」と強調します。

AIこそ、マーケティングのあらゆる側面でゲームチェンジャーとなるだろう。もしも彼らがAIの機能やその成果を理解していなければ、チャンスを逃してしまう。マーケターがAIに取って代わられることはない。しかし、AIに抵抗する人は、その威力を理解している人に取って代わられる。(p.101)

 本書ではほかにも「ブロックチェーン」「5G」など、クオンタムマーケティング、すなわち未曽有の変化を構成するキーワードの中身を紐解いています。「最新のテクノロジーをマーケティングに活かす方法が知りたい」と考える方は、ぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
BOOKS連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

宮田 浩平(編集部)(ミヤタ コウヘイ)

MarkeZine編集部。香川県出身。2016年に時事通信社入社、広島支社、岐阜支局で勤務。2019年から広告・マーケティングの専門メディアで編集者。主にPR・ブランディングやプロモーション領域の取材を担当。2022年5月から現職。企業のサステナブルやDE&Iを軸にした取り組みに興味。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/03/27 09:00 https://markezine.jp/article/detail/41712

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング