SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

凸版印刷と3dig、バーチャルヒューマンと対話のサイネージを実証開始 サイネージを通じた接客も可能に

 凸版印刷と3digは、高解像実測データを活用し、高精細バーチャルヒューマン領域での協業を推進して行くことを発表した。

 両社は、バーチャルヒューマン自動生成技術を活用した等身大のフォトリアルなバーチャルヒューマンと対話するサイネージシステム(以下、VHサイネージ)を開発。4月13日より5日間、凸版印刷の神田和泉町ビル内で実証実験を開始し、リアリティを追求したバーチャルヒューマンとの対話が人におよぼす影響、人が抱く感情や最適なユーザー体験などの検証を実施する予定だ。

 今回、凸版印刷の「トッパンバーチャルヒューマンラボ」内の「ライトステージ」を用いて計測した高精度な人体に関する実測データと、3digのAIによるバーチャルヒューマンの自動生成システム「anma」を活用。

 これにより、実在する人物を対象にしたバーチャルヒューマン(以下、実在VH)の効率的な制作が可能となる。実在VHはフォトリアルで高精細なので、対話AIとの組み合わせで、本人と対話しているような体験ができる。

画像を説明するテキストなくても可
VHサイネージ

 さらに、VHサイネージはサーバ・モニタ・センサーから構成されているため、合成音声による対話AIやインタラクション機能が搭載されている。ユーザーはVHサイネージを通じて、実際の人間と対話するように受付や物品購入など、様々なサービスを受けることも可能になる。

 両社は、VHサイネージをはじめ、高精細なバーチャルヒューマンを活用したソリューションを、商業施設や地方自治体などに提供し、バーチャルヒューマン化する対象人物の計測データ管理・マネジメントビジネスを目指していく。

【関連記事】
凸版印刷、持株会社体制の移行に向け商号を「TOPPANホールディングス」に決定 事業領域の変革を推進
凸版印刷とScalablyが協業へ Web3.0に特化したマーケティング支援サービスの開発を目指す
凸版印刷、「KAIDEL」をリニューアル AIによるマーケティング運用の自動化へ
博報堂らが「ソーシャルARコマース」を開発 バーチャルメイク機能を活用してコスメECを支援
三井不動産、バーチャルマーケットに出展 ららぽーと公式通販サイト「&mall」と連動したブースを展開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/04/05 08:00 https://markezine.jp/article/detail/41826

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング