SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通デジタル、AI主体のカスタマーサービスの支援を開始 ChatGPTなどを活用し顧客体験を改善

 電通デジタルは、ChatGPTなどの大規模言語モデルを活用した、企業のカスタマーサービスにおける支援を開始した。

 同支援ではGPT-4をはじめとするAI技術を取り入れることで、これまで企業においてオペレーターが担っていたカスタマーサービスでの顧客応対を、AIが主体となり実施。自社や顧客の情報管理を担保しながら、AIによる相談受付から必要手続きの完了までの実施が可能に。

 これによってAI主役型のカスタマーサービスを実現し、さらなる顧客体験の改善およびと顧客対応コストの削減を目指す。

クリックして拡大

 具体的には、カスタマーサービスの構想策定やプロトタイプ開発によるフィジビリティと有効性の検証(PoC)支援が挙げられる。さらに正式サービス化のためのシステム実装・業務プロセス整備・利用規約策定や、愛着が感じられるサービスとなるためのクリエイティブワークおよび継続的な改善支援も実施。

 加えてLINEなどのコミュニケーションチャネルや企業ドメイン知識、検索結果などとGPTの連携ソリューションの開発も行っていく。

【関連記事】
電通デジタルと電通、チーターデジタルが「アクションベースロイヤルティプログラム」を提供開始
電通デジタルと電通、統合管理ダッシュボード「MIERO Digi×TV Basic」を提供開始
日本企業の84%がDXに着手 DX推進への障壁も全体的に減少の動き【電通デジタル調査】
電通デジタル、データアーティストを合併 「データ&AI部門」を新設し、AI技術開発力を強化へ
電通デジタル、認知科学に基づくコーチング技術を活用し組織の力を最大化するプログラムの提供を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/04/27 15:15 https://markezine.jp/article/detail/42140

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング