SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第93号(2023年9月号)
特集『事業フェーズ×組織規模で見る「BtoBマーケティング」』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

イベントレポート(AD)

AIの発達でマーケターは進化が求められる時代に Adobe User Group Dayレポート

 約4年ぶりのリアル開催となった「Adobe Summit 2023(2023年3月、米・ラスベガス)」に続き、2023年4月20日(木)には日本でも「Adobe User Group Day – Insights from Adobe Summit(以下、Adobe User Group Day)」が開かれた。本稿では、Adobe User Group Dayにおいて発表された新たなアドビユーザー会の詳細や、日本からのAdobe Summit 2023参加者によるパネルディスカッションの一部始終をレポートする。

製品を横断したユーザーグループが発足

 東京・六本木のビルボードライブ東京で開催された「Adobe User Group Day – Insights from Adobe Summit(以下、Adobe User Group Day)」。ジャズバンドの生演奏が幕間に流れ、場の雰囲気とも相まって会を一層盛り上げる。

 イベントの冒頭、アドビ DXインターナショナルマーケティング本部の祖谷氏が進行役として登壇。「本イベントでは、2023年3月に米・ラスベガスのAdobe Summit 2023で発表されたマーケティングソリューションに関する最新情報を、臨場感をもってお伝えする」と話す。

アドビ DXインターナショナルマーケティング本部 執行役員 本部長 祖谷考克氏

 また、Adobe Summit 2023に関する情報以外に、もう一つ重要な発表がなされた。それが「Adobe User Group」の発足だ。アドビ デジタルエクスペリエンス事業本部の松山氏が登壇し、詳細を語る。

アドビ デジタルエクスペリエンス事業本部 専務執行役員 事業本部長 松山敏夫氏

 松山氏によると、アドビはこれまでもユーザー同士がマーケティングに関する知見やノウハウを共有できる場をグローバルで運営してきた。具体的には「Adobe Experience Cloud」の製品群であるエンゲージメントソリューション「Adobe Marketo Engage」や、分析ソリューション「Adobe Analytics」、コンテンツ管理ソリューション「Adobe Experience Manager」など、製品ごとにコミュニティを設けていたのだ。

「これまでは、『Marketo Engage User Group』『Analytics ユーザー会』そして『Experience ユーザー会』を主に運営してきましたが、これからは既存のコミュニティに加えて、製品の枠組みを横断して交流していただけるよう、Adobe User Groupを発足します」(松山氏)

約1万人が参加したAdobe Summit 2023

 Adobe User Groupでは、CXM(Customer Experience Management)全体に関するイベントや活動を実施する予定だという。BtoB、BtoCなどの業界を超えたワークショップや各業界でのベストプラクティスの共有、事例研究、国内外の先進ユーザーによる講演会などを行っていく。

 将来的には、Adobe Experience Cloudに加えてクリエイティブツール「Adobe Creative Cloud」や、文書管理ソリューション「Adobe Document Cloud」のユーザーもAdobe User Groupの対象としていくそうだ。松山氏は「本イベントのような交流の場を今後も定期的に設けていくので、ぜひ期待してほしい」と意気込む。

 続いて、祖谷氏がAdobe Summit 2023に話を戻す。Adobe Summitは、アドビが「世界最大級のDigital Experience Conference」として主催している恒例イベント。コロナ禍ではオンライン開催だったため、2023年は約4年ぶりのハイブリッド開催となった。約500人のスピーカーによる250超のセッションが用意され、世界中から約1万人のExperience Maker(※)が集まったという。

※Adobeが提供するソリューションを活用して、顧客中心主義志向を貫き、これまでの常識にとらわれることなく、創意工夫と大胆な行動力で素顧客体験を顧客に届け、企業と顧客との関係性というものを変革し、企業の事業成長を牽引する人々のことを指す

次のページ
マーケターに求められる「マーケティングアーキテクト」とは

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
イベントレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

提供:アドビ株式会社

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/06/02 10:00 https://markezine.jp/article/detail/42182

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング