SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第99号(2024年3月号)
特集「人と組織を強くするマーケターのリスキリング」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MidjourneyとVectorizer.AIなどのAIツールを活用してロゴマークを作成したら、ロゴの本質も見えてきた

 デジタルプロダクション「factory4」でアプリやAI、さまざまなIoT・DXプロジェクトのUIUXデザインを手がける新谷友樹さんが、UIやUXにまつわるトピックについて解説する本連載。今回は「AIを活用したロゴデザイン作成」がテーマです。

 こんにちは!株式会社Cosmowayが組織するデジタルプロダクション「factory4」のUIUXデザイナー新谷です。

 この連載では、UIやUXデザインについてお伝えしていますが、今回は少し趣向を変え、AIを活用してロゴデザインをしてみました。活用したツールは「Midjourney」と「Vectorizer.AI」です。AIを使ったロゴジェネレーターは何年も前からありますが、今回はトレンドとなっているこのふたつのツールを使ってロゴ制作をしてみる。そんな実験的なチュートリアルとなります。

Midjourneyとは

 「Midjourney」(ミッドジャーニー)は、ユーザーが打ち込んだプロンプトからAIが画像を生成するサービスです。発表当初、Twitterでもトレンドにあがるなど話題となっていたためご存知の方も多いと思います。私も趣味でイラストを描くことがあるため今後AIでどのような表現が生まれるのか、著作権や商用利用についてどのような意見があるのかなど、さまざまな意見を耳にしています。

出典:Midjourney
出典:Midjourney

 Midjourneyはチャットサービス「Discord(ディスコード)」をとおして利用することができます。Discordのアカウントがあれば基本的な機能は無料で利用することができ、Midjourneyの公式サイトからジョインすることで、自動でDiscordと紐づけられます。

 なお現在は無料版での画像生成は制限があるようです。それだけ利用者が増えたということでしょうか。今回は有料のベーシックプランで進めていきます。

早速、コーヒー屋のロゴを制作してみます

 Midjourneyにログインし、ロゴを制作していきます。無料版の方はログイン後、まず「初心者部屋」に入ることが必要となります。Discordの左側のチャンネルから「NEWCOMER ROOMS」にあるnewbies-○○から入室して利用します。有料プランの方は、自身でサーバー(チャンネルのようなもの)を作成してそこで交流したり、画像作成したりすることができます。

 以前の記事で「chatGPT」を活用してコーヒー屋のウェブデザインをしたことがありますが、それに合わせて今回もそのお店のロゴを制作してみることにしました。

 Midjourneyでロゴやイラストを作成するにはChatGPTのようにプロンプトを入力していきます。下部のチャットスペースに/imagineと入力し、「/imagine prompt」のあとに英語で(カンマと半角スペースで区切り)キーワードを入力します。

 最初はあえて、雑にプロンプトを指定してみます。

logo, graphic, coffee shop

 生成されたロゴは次のとおりです。

 これはこれで使えそうではありますが、なんだか猛々しいロゴが生成されましたね。プロンプトの情報が少ないことと、デザインの目的に適したワードが入ってないことが原因だと思われます。

 ではプロンプトを追加してみましょう。コーヒー屋のロゴであること、シンプルでベクター、背景が白であることなどを追加してみました。

logo of a coffee shop, vector, simple, white background

 こちらが生成されたロゴです。

 一気にロゴっぽくなりましたね。プロンプトの「Vector」「simple」が効いており、ロゴマークとして変換されたのでしょう。

 次はもっと詳細を詰めて入力してみます。シンプルでベクター、ミニマルでリアルな要素を省いたデザインを指定してみました。

simple vector logo for a coffee shop, simple minimal, white background --no realistic photo detail

 少し複雑な要素が省かれ、よりフラットでシンプルになりました。これであればサイトなどに組み込まれていても違和感なく設置することができます。しかし、少し気になるのが文字の構成。そこで文字の指定を入れてみます。弊社の名称「factory 4」を入れて、「factory 4 coffee」としてみましょう。

simple vector logo for a coffee shop called "factory 4 coffee”, simple minimal, white background --no realistic photo detail

 なんだか微妙ですね(笑)。Midjourneyは文字の認識が弱いようです。これはのちほど便利で効果的な編集方法を紹介するとして、もう少しだけ要素(flat, smooth)を加えて生成してみましょう。

simple vector logo for a coffee shop called "factory 4 coffee”, simple minimal, flat, smooth, white background --no realistic photo detail

 よりフラットでシンプルになりました。でもコーヒー屋から少し離れてしまったような気がします。なかなか難しいですね。

この記事の続きは、「CreatorZine」に掲載しています。 こちらよりご覧ください。

※CreatorZineへの会員登録(無料)が必要になる場合があります。

  

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/06/30 08:00 https://markezine.jp/article/detail/42657

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング