SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MidjourneyとVectorizer.AIなどのAIツールを活用してロゴマークを作成したら、ロゴの本質も見えてきた

試行錯誤しながらできたロゴとは

 次はテイストを変えてエレガントで繊細なデザイン要素を入れてみます。「cool elegant line logo for a」「delicate design」を追加します。

cool elegant line logo of a coffee shop, simple minimal, delicate design white background --no realistic photo detail

 線の要素が高まり、繊細でエレガントな雰囲気になりました。ウェブサイトというより、雑誌など紙媒体のデザインで活用できそうです。

 最後に少しテイストを変えてポップなマスコットをロゴに入れてみます。プロンプトに「pop mascot for a」を入れ、以下のようにしました。

pop mascot for a coffee shop, minimal design, white background

 想像していたよりもキュートなマスコットが生成されて驚きました(笑)。お店や自治体のロゴなどに使えそうですね。

 最後に、ロゴの形式として「emblem」や「abstract」も見てみましょう。エンブレムの要素を追加してみました。

emblem logo for a coffee cup called "factory 4 coffee”, simple, vector, white background --no realistic photo detail

 エンブレムの仕様になりました。チェーン展開するコーヒーショップで見かけたことがあるような雰囲気もありますね。

 このようにプロンプトで要素を指定してあげることで、仕上がりを修正していくことができます。このほかにロゴの形式や、著名なデザイナーのテイスト、色の選択などさまざまな要素を細かく指定することも可能です。

 ここまでで感じたのは、どのようなロゴデザインにしたいかを、あらかじめイメージしておくことが重要ということです。コンセプトや背景、ターゲットなど、その目的のデザインに合ったプロンプトを選定し、入力する必要があるからです。

 今回使用したおもなプロンプトは次のとおりです。

cool, elegant, line, logo, simple, minimal, delicate design, emblem, mascot, white background --no realistic photo detail

 そのほかにも使えるプロンプト集などはたくさん公開されていますので、使用しながら自分に合ったプロンプトを探してみてくださいね。

この記事の続きは、「CreatorZine」に掲載しています。 こちらよりご覧ください。

※CreatorZineへの会員登録(無料)が必要になる場合があります。

  

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/06/30 08:00 https://markezine.jp/article/detail/42657

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング