SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通、デジタル広告の効果を中長期で評価する「ナーチャリングスコア」の提供を開始

 電通は、デジタル広告の中長期効果をリアルタイムで評価する指標「ナーチャリングスコア」を開発し、提供を開始した。これにより、デジタル広告の事業成果に対する貢献度を中長期で評価し、デジタル広告予算を中心としたコミュニケーションの最適化が可能になる。

 同社では、データクリーンルームの大規模な顧客基盤に基づく広告接触履歴や興味関心の属性などから、申し込みや購入に至る確率を推定する予測モデルを機械学習によって構築。このモデルを現在のデータに適用し、計算された新規ユーザーの申し込み確率が「ナーチャリングスコア」だ。

 なお同指標は、電通が提供するデータクリーンルーム活用ソリューションのうち測定・評価に関するカテゴリー「TOBIRAS Measurement」のシステム基盤「TOBIRAS」と連携することで運用できる。

【関連記事】
電通ら、デマンドジェネレーションの全体最適化を支援する「B2Bグローススイッチ」提供へ
電通ら、企業の非財務活動の影響や効果が見込めるESG活動をデータから分析するサービスを提供へ
電通ら、グループ横断EC専門チーム「dentsu EC growth」発足 事業ステージに合わせ支援
電通、ライアットゲームズと戦略パートナーシップ eスポーツの市場拡大と若年向けマーケティングの推進へ
電通、ChatGPTを活用しキャラクターとの自動対話サービスの実証実験を開始 第1弾は「いらすとや」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/06/30 14:45 https://markezine.jp/article/detail/42662

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング