SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アマゾン、08年上半期ブルーレイディスクのランキングを発表

 Amazon.co.jpは、2007年12月1日から2008年5月31日までの、予約を含むブルーレイディスクのトップ10を発表した。そのランキングは次のとおり。

 1位 バイオハザードトリロジーBOX(3枚組)
 2位 パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド
 3位 劇場アニメーション「秒速5センチメートル」
 4位 アイ・アム・レジェンド
 5位 .hack//G.U.TRILOGY
 6位 機動戦士ガンダム逆襲のシャア
 7位 劇場アニメーション「雲のむこう、約束の場所」
 8位 オペラ座の怪人
 9位 レミーのおいしいレストラン
10位 機動戦士ガンダムF91

 1位は人気SFアクションシリーズ「バイオハザードトリロジーBOX」で、ブルーレイとDVDが同日発売となったこのタイトルの売り上げ比率はブルーレイがスタンダードDVDの売り上げをはるかに上回っている。

 アマゾンによると、メーカーの多くがブルーレイの強みを活かせるのは、アクションであると考えていることから、今回バイオハザードが1位となったのもうなづける。また、アクション映画と並んでブルーレイに強いといわれるアニメ作品なども多数ランクインしている。

【関連記事】
シックス・アパートのメディア事業第一弾、Blu-ray専門ブログ「ブルーレイ・アパート」開設
米業界のブルーレイ支持で、東芝が3月末をめどにHD DVD事業の終息を宣言
「購入したいと思う次世代DVDレコーダーのメーカー」はブルーレイ陣営が圧勝
 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/06/26 16:45 https://markezine.jp/article/detail/4274

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング