SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

[無料配信]ヤマハ発動機とBASE FOODが語る「ファンコミュニティ」の可能性

 翔泳社が運営する「ECzine」は、2023年9月22日にオンラインイベント「ECzine Day 2023 Autumn」を開催する。本イベントのテーマは「EC特需終焉をチャンスに 逆境で活きるブランド力と体験創出とは」。事前に登録を行えば、メタバースやステマ規制対策、リテールメディアなど、EC業界の最新情報がわかるセッションを無料視聴できる。

ヤマハ発動機×BASE FOOD 商材が違えば使い方も違う?ファンコミュニティの「現在地」と「これから」

 Bトラックで16:00~16:30に開催するセッションには、ヤマハ発動機株式会社 ヤマハモーターラボ for R7 コミュニティマネージャー 鬼頭知宏氏とベースフード株式会社 マーケティング部 コミュニティマネージャー 吉田千紘氏が登壇。両社の運営するファンコミュニティの「現在地」と「これから」を語る。

 顧客ではなくファンを獲得する。近年はこうした考え方が、業界問わず重要視されている。ヤマハ発動機とベースフードはそれぞれ、「ヤマハモーターラボ For R7」、「BASE FOOD Labo」というファンコミュニティを運営している。本セッションでは、商材がまったく異なる両社が、特長を活かしてどのようにファンと交流しているのかを紐解く。

 なお、本イベントの事前申込締切は、2023年9月21日(木)13:00となっている。申し込みは1セッションから可能。申込後にセッションの追加・変更もできる。人気のセッションは定員に達すると申し込みを締め切る場合もあるため、気になるセッションがあればぜひ早めに申し込んでほしい。

 現時点で公開されているセッション情報は、次のとおり。詳細は「ECzine Day 2023 Autumn」イベントサイトから見ることができる。

ECzine Day 2023 Autumn セッションのご紹介

A-1

  • セッション名:coming soon
  • 登壇者:株式会社サンドラッグ 執行役員/日本オムニチャネル協会 実務フェロー 田丸知加氏

A-4

A-7

A-8

B-1

B-4

  • セッション名:coming soon
  • 登壇者:日清食品ホールディングス株式会社 情報企画部 デジタル化推進室 室長 山本達郎氏

B-7

B-8

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/08/08 11:26 https://markezine.jp/article/detail/43038

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング