SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

KINCHOとシャウエッセンが実践 話題化させリーチを伸ばすオフライン広告の作り方【視聴無料】

 MarkeZineは、2023年9月5日(火)~6日(水)に「MarkeZine Day 2023 Autumn」をオンラインで開催する。

 6日の10時から行うセッション「話題になったあの広告の裏側、KINCHOとシャウエッセンに学ぶ 人に話したくなる広告の作り方」では、日本ハム加工事業本部のマーケティング統括部にてブランド戦略室兼マーケティング部部長を務める長田昌之氏、大日本除虫菊の取締役部長を務める上山久史氏がパネリストとして登壇。街中広告のスペシャリストとしてテレビ番組などメディアにも出演してきた広告ラボ編集長の加藤誠也氏をモデレーターにディスカッションを行う。

【セッション詳細・申し込みは画像をクリック】
【セッション詳細・申し込みは画像をクリック】

 近年の広告では、オンライン/オフラインに関わらず、見た人がSNSで共有して話題化することが、大きくリーチを伸ばす上で重要になる。

 「シャウエッセン」の販売を行う日本ハムは、プラスチック削減のために「シャウ断髪」の広告をクロスチャネルで展開し、公式YouTubeやTwitterでも話題に。「KINCHO」で知られる大日本除虫菊も、3日間かけて新聞の紙面上で広告が小さくなっていく「ダウンサイズ広告」や紙面が「ムカデ」で埋め尽くされた「LOVEメディア広告」などがSNSで話題になった。

 本セッションでは、話題の広告をウォッチし続けている加藤誠也氏をモデレーターに両社の広告設計について事例を基にディスカッションを実施。バズる広告を作るための考え方や、固定概念を覆す発想の源を紐解く。

【開催概要】
イベント名称:MarkeZine Day 2023 Autumn
登壇セッション:話題になったあの広告の裏側、KINCHOとシャウエッセンに学ぶ 人に話したくなる広告の作り方

登壇者:
株式会社ビズパ
ビジネス推進部 マネージャー
広告ラボ 編集長
加藤 誠也氏
日本ハム株式会社
加工事業本部 マーケティング統括部
ブランド戦略室兼マーケティング部 部長
長田 昌之氏
大日本除虫菊株式会社
取締役相談役
上山 久史氏

日時:2023年9月6日(水)10:00~10:40
会場:オンライン開催
参加費:無料(事前登録制)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/08/19 09:00 https://markezine.jp/article/detail/43121

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング