SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

最も顧客満足度の高い“経済圏”は「楽天」/2位は「PayPay」3位は「イオン」/MMDLabo調査

 MMDLaboは、18~69歳の男女2万5,000人を対象に、ポイントサービスに関する調査を実施した。

最も活用されているポイントは「楽天」

 現在、活用している共通ポイントと、その中で最も活用している共通ポイントを質問。その結果、現在活用しているポイントのトップ3は「楽天ポイント(59.7%)」「Tポイント(49.8%)」「Pontaポイント(41%)」に。一方、最も活用しているポイントのトップ3は「楽天ポイント(35%)」「dポイント(14%)」「PayPayポイント(11.4%)」だった。

約7割は経済圏を意識してサービスを利用

 五つのサービス経済圏(※1)いずれかを意識しているかを尋ねたところ、「意識している」と回答した人は70.2%だった。さらに、意識していると回答した人(n=1万7,550)に、最も意識している経済圏を質問。その結果、トップ回答は「楽天経済圏(46%)」に。

※1 ドコモ経済圏、au経済圏、PayPay経済圏、楽天経済圏、イオン経済圏

各経済圏を知ったきっかけは様々に

 五つの経済圏のメイン利用者(※2)に、経済圏を意識し始めたきっかけを質問。その結果、ドコモ経済圏・au経済圏では「通信サービス」が、PayPay経済圏では「QR・バーコード決済」が、楽天経済圏では「ECサイト」が、イオン経済圏では「リアル店舗」がそれぞれトップ回答だった。

※2 特定の経済圏の共通ポイントをメインで使ったり貯めたりしている人。本設問では、各経済圏から500人ずつ、計2,500人に質問している

満足度Topも「楽天経済圏」

 五つの経済圏のメイン利用者を対象に、メインで利用している経済圏の満足度を聞いたところ、最も割合が大きかったのは「楽天経済圏」で、77.2%(※3)に。2番目以降に「PayPay経済圏(76.4%)」「イオン経済圏(75.6%)」が続いた。

※3「満足」「やや満足」と回答した人の合計割合

 

【調査概要】
期間:2023年7月21日(金)~25日(火)
有効回答数:2万5,000人 ※人口構成比に合わせてウエイトバック集計
方法:インターネット調査
対象:18~69歳の男女

【関連記事】
日本人の7割が生成AIのコンテンツを信頼/AIが薦める商品購入に6割が前向き【キャップジェミニ調査】
過半数がフリマアプリの利用経験あり/Z世代が考える“資産”のTopは「金融商品」に【メルカリ調査】
若年層のThreads認知は33.4%/「Twitter/X」の半数近く【ネオマーケティング調査】
高校生の間で人気の漫画Top2は、男女ともに「推しの子」「SPY×FAMILY」に【LINE調査】
30歳以上の旅行予算、3~5万円がトップ/6割がインターネットで情報収集【黄金KAIDO事務局調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/08/22 17:00 https://markezine.jp/article/detail/43151

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング