SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

WebマーケティングにおけるGA4の利用状況は?【イルグルム調査】 

 広告効果測定プラットフォーム「アドエビス」を提供するイルグルムは、企業でWebマーケティング関連業務に携わる551名を対象に「企業のWebマーケティングにおける、Googleアナリティクス 4プロパティ(以下、GA4)活用に関するアンケート調査」を実施した。

 2023年7月1日にGoogleアナリティクスの旧バージョンであるユニバーサルアナリティクス(以下、UA)のサポートが終了となり、継続して利用するには、最新バージョンとなる「GA4」への移行が必須となった。GA4はUAと比較して、計測対象や計測方法、レポート画面が従来と大きく変化している。このような背景から、企業のマーケティング関連業務に携わる551名を対象にアンケート調査を行った。

マーケターの76%がGA4の無償版もしくは有償版を利用

 「GA4の利用状況」について聞いたところ、マーケターの75.8%がGA4の無償版もしくは有償版を利用していると回答した。また、そのうち96.2%が初期設定を完了していると回答した。UAサポート終了後の調査ということもあり、GA4を利用しているマーケターのうちほとんどが初期設定を完了し、GA4運用のスタートをきっていることがわかる結果となった。

GA4の利用目的、「効果測定」が最多に

 「GA4の利用目的」については、マーケターの91.3%が「Webマーケティング施策の効果測定のため」と答え、広告配信を実施している広告媒体管理画面などのほかに、外部ツールを活用して施策の効果測定を行っている企業が多いことが判明した。

GA4の利用において実現したいこと

 「GA4の利用において実現したいこと」について聞いたところ、82%が「広告別の成果(コンバージョンなど)を把握したい」と回答。また、月間のWebプロモーション費別でみると、広告予算が500万円未満の企業では「広告別の成果(コンバージョンなど)を実際の売上やLTVまで紐づけて評価したい」の回答率が31%なのに対し、500万円以上の企業では69%に。広告予算が高いほど、コンバージョン数といった成果データだけではなく、実際の売上やLTVといった広告施策における売上貢献度の可視化も目指している割合が高いことがわかった。

GA4やUAの代替手段として重要視するポイント

(タップで画像拡大)
(タップで画像拡大)

 「GA4やUAの代替手段を検討する場合に重要視する条件」について聞いたところ、「表示データの見やすさ(57.6%)」「確認したいデータが計測・表示できるかどうか(45.1%)」「データの集計・分析のしやすさ(39.4%)」「設定や操作方法の簡単さ(38%)」といった回答が上位となった。

 施策の効果測定におけるデータ集計やレポーティング作業の工数過多を課題に感じやすいマーケターにとって、「ツールの設定・操作」の簡単さや「データの集計・分析」工程の効率化を重要視する傾向があるようだ。

【調査概要】
調査期間:2023年7月3日(月)~7月7日(金)
調査方法:Fastaskを用いたインターネットリサーチ
調査対象:企業でWebマーケティングに関する業務に携わる方551名

【関連記事】
イルグルム、サイバーエージェントグループのAJAと提携しOTT広告の効果測定・運用を支援へ
イルグルム、マーケティング特化型マッチングプラットフォーム「アドフープ」の対応を12領域に拡大
イルグルム、「アドエビスAPI」をリリース 外部システムとの計測データ連携が可能に
広告主のパートナー探しを効率化 イルグルムが「アドフープ」上に広告代理店一覧ページを公開
イルグルム、2022年4月より「アドエビス シンク」を提供開始 計測データの自動取得などを可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/08/24 08:30 https://markezine.jp/article/detail/43198

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング