SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「結婚は個人の自由」と考える人が約7割/Z世代の約4割は「非正規雇用でも良い」と回答【電通調査】

 電通は全国の15~64歳の2000人を対象に、仕事・結婚・子育てに関する意識調査を実施。調査対象者を「Z世代(15~26歳)」「ミレニアル世代(27~42歳)」「X世代以上(43~64歳)」に分けて、各世代の意識の違いを分析した。

「結婚は個人の自由だ」と考える人は約7割

 「結婚は個人の自由だと思うか」と質問したところ、「そう思う」「ややそう思う」と回答した人の合計は73.9%だった。また、「子どもを持つかは個人の自由だと思うか」と尋ねたところ、全体の69.8%が「そう思う」「ややそう思う」と回答した。

Z世代の約4割が「非正規雇用でも良い」と回答

 「当面の生計が立てられれば、非正規雇用でも良いか」と尋ねたところ、「そう思う」「ややそう思う」と回答した人は全体では30.1%だった。なお、Z・ミレニアル世代では全体よりも割合が高く、特にZ世代​​​​​​では38.7%に上った。

過半数が産休・育休制度の整った職場を希望

 「育休・産休の制度が整っている職場で働きたいか」と聞いたところ、「そう思う」「ややそう思う」の回答割合は全体で53.5%に。また、Z世代では64.4%と、全体よりも10.9ポイント高かった。

【調査概要】
条件:全国の15~64歳
サンプル数:2000人
手法:インターネット調査
期間:2023年6月23日(金)~6月26日(月)

【関連記事】
プラントベースフードの認知率は約3割/「植物性ミルク」「大豆ミート」が喫食傾向【マイボイスコム調査】
SDGsの知名率は8割超、旅行でも6割超の人がゴミ削減や省資源を意識すると回答【博報堂調査】
過半数がフリマアプリの利用経験あり/Z世代が考える“資産”のTopは「金融商品」に【メルカリ調査】
優先度の高い社会課題、若年層は人権関連/シニア層はインフラ・社会制度を重視【電通PR調査】
気候変動に関心ある層は7割弱/約半数が環境表示商品に対して購入意向「高まる」と回答【メンバーズ調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/09/04 15:30 https://markezine.jp/article/detail/43362

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング