SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

ライブ配信が マーケチャネルの新スタンダードに~Twitchを徹底解説~(AD)

ブランドにとっての大きなチャンス!ロイヤルティの高いファンとの強力な接点になる「ファンダム」とは?

 デジタル上に情報やコンテンツが増え、人同士が繋がる手段も様々あるこの現代では、消費者は自分の“好き”をとことん追求することができる環境にあります。企業のブランドは、自社と関連のあるファンが集まるコミュニティ(ファンダム)とどうにか繋がりたいと考えることもあるのではないでしょうか。本稿では、Amazonが提供するインタラクティブなライブ配信サービスTwitchで、International Brand Partnership Studioのリーダーである、ジェマ・バテンバウ氏が「新時代のファンダムにブランドが参加する方法」を解説します。

消費者と繋がる強い接点になる「ファンダム」とは

 どんな人にも、心底夢中になれるモノやコトはあるものです。ゴルフやゲーム、スニーカー、スノーボードなど、リラクゼーションや日常を忘れる手段になったり、自身のアイデンティティ構築に結び付いたりするものがあるはずです。こうした情熱を注ぐ活動のことを「ファンダム」と言います。ファンダムは、1日の終わりに心をリラックスさせてくれるだけでなく、人生を豊かにしてくれる、我々にとってなくてはならないものです。

 デジタル上にコンテンツが増え、人々が繋がる方法も増えたことで、ファンダムはそのコミュニティに参加するハードルがより低くなった新たな時代を迎えています。人々は情熱の赴くままに、個々のライフスタイルに合った方法でファンダムに参加でき、それにより新しいスキルを身に付けたり、世界中の人々と共有して繋がったり、かけがえのないコミュニティを形成することができるようになっています。

 近年のコミュニティはインクルーシブな考え方を持っているため、ブランドもファンダムの一員になることができます。適切なアプローチとオーディエンスに対する深い理解、コミュニティの一員になりたいという強い思いがあれば、エンゲージメントの高いお客様や積極的なブランド推奨者と長期的に関係を築くことができます

熱意ある小さなファンダムが、一気にメインストリームに躍り出る時代

 ファンダムは多種多様であり、それを取り巻くコミュニティはいずれも活気にあふれています。スポーツや音楽以外の多くのファンダムは、かつては“余白”に存在するようなものでしたが、それももはや過去の話です。

 あまり多くの人に知られていないようなニッチなトピックやIP(知的財産)コンテンツのファンでさえ、オフラインなりオンラインなり専用の空間で同じトピックに情熱を持つ誰かと繋がっています。自分の興味に合うコミュニティが存在しなくても、自分でコミュニティを作り、育成することもできます。

 加えて、熱意を持ったファンが集まる小さなコミュニティが、短期間で一気にメインストリーム文化のトップに躍り出ることもあり得るのです。一夜にして新しいファンコミュニティが生まれる時代に、ファンダムは、ブランドの長期目標として欠かせないものとなっています。オーディエンスが多くの時間とエネルギーを費やす場所でリーチするには、ファンダムに着目するのが近道かもしれません。

 ファンと関わりを持つといっても、何をどこから始めればいいのかわからないという場合は、Twitchがカルチャーインサイトとブランド戦略のコンサルタント会社Crowd DNAと共同で実施した最近の調査『Anatomy of Hype: Engaging fans in a new era of fandom(刺激的な広告の分析:新しいファンダムの時代のファン獲得法)』の結果をご覧ください。

 12ヵ国におけるSF/ファンタジー、スポーツ、ゲームといった人気ジャンルのファンダムを取り上げ、ファンの日常にファンダムがどのように組み込まれているか、自分が興味があって情熱を注いでいる活動を導入しそうなブランドをどうやって探すのか、どうすればファン体験が向上するのか、といったことを解説しています。

次のページ
ブランドが特定コミュニティのファンと関わりを持つ時の3つの注意点

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
ライブ配信が マーケチャネルの新スタンダードに~Twitchを徹底解説~連載記事一覧

もっと読む

提供:アマゾンジャパン合同会社

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/11/10 11:00 https://markezine.jp/article/detail/43654

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング