SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

生活者データバンク

アフターコロナ 夏の娯楽施設の人流変化

 コロナ禍による影響が落ち着きを見せ、ようやく今年から花火大会をはじめとする屋外イベントの多くが復活しました。一方で、長く続いたコロナ禍で定着した習慣は、私たちの生活スタイルや行動に少なくない影響をもたらしています。この記事では、スマートフォンから得られる位置情報データなどを用いて、2019年から2023年における娯楽施設や行楽地の人流の変化を見ていきながら、コロナ禍を経た生活者の「夏の娯楽に対する意識変化」について考えていきたいと思います。

この記事はプレミアム記事(有料)です。ご利用にはMarkeZineプレミアムのご契約が必要です。

有料記事が読み放題!初月1円キャンペーン中!

プレミアムサービス詳細はこちら

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
生活者データバンク連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

古茂田 翔(コモダ ショウ)

株式会社インテージ 事業開発本部 プラットフォームデータビジネス部 セールスエンジニア武蔵野大学データサイエンス学部卒業。大学時代に位置情報データを活用したWebアプリを開発。2023年に大学卒業後インテージに入社し、位置情報データを用いてお客様課題の解決に従事。趣味は硬式テニスと小物集め。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/10/31 09:30 https://markezine.jp/article/detail/43795

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング