SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第99号(2024年3月号)
特集「人と組織を強くするマーケターのリスキリング」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

オプト、広告効果予測ツールの無料提供を開始 事前に効果の高い広告を選択可能に

 10月31日、オプトは、データ解析・機械学習技術を用いたサービス企画および開発を手掛けるRe Data Scienceと共同開発した広告効果予測ツール「Open CTR Predictor」の無料提供を開始した。

 「Open CTR Predictor」は、広告クリエイティブ制作時に、広告代理店や広告主自身がCTRを事前に予測し、複数あるクリエイティブの中から、効果の良いものの選択を可能にするツール。「マルチモーダル深層学習」という複数のデータ種別を統合的に学習する深層学習手法を取り入れている。

 これにより、画像情報・テキスト情報・広告そのものの属性情報など、質の異なるデータを複数種類入力することで、それらの統合的な学習が可能。広告効果の予測結果を出力できる。

【クリックすると拡大します】
Open CTR Predictorを活用した広告制作フロー

 同ツールを活用することで、選抜されたクリエイティブのみの入稿・配信が可能になるため、広告効果の向上が期待される。その数値はオプトの試算で1.4倍程度となる見込み。

 現在、同ツールの対応広告媒体は、Googleディスプレイネットワーク(GDN)の媒体のみ。その他の媒体については、今後順次拡大をしていく予定。

【関連記事】
オプトとグラッドキューブ、LP課題を診断し改善施策を自動で提案するサービスの提供を開始
オプトとRe Data Scienceが協業 高CTRのクリエイティブ予測や、広告効果の可視化を実現
電通・博報堂DYMPら5社、「テレビ×ウェブ×DOOH」広告効果の可視化に向けた実証実験を開始
生活者の4割超がリテールメディアを視聴/運用における課題は「広告効果が不透明」など【博報堂調査】
GMOアドマーケティング、エレベーター広告の認知度調査サービスを提供開始 広告効果の定量評価が可能

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/11/02 07:00 https://markezine.jp/article/detail/43936

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング