SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CA、商品自らが動いて店頭プロモーションを行う「自己推薦ロボット」を活用したテスト販売を開始

 11月8日、サイバーエージェントは、イトーヨーカ堂が運営するイトーヨーカドーの店舗内で「自己推薦ロボット(商品自らが機能や利便性を推薦しているように動くロボット)」を活用した店頭プロモーションサービスのテスト販売を開始すると発表した。

 同社は、販売促進や商品認知の新たなプロモーション手法の一環として自己推薦ロボットを開発。これまでスーパーマーケット、ドラッグストア、コンビニエンスストア、大型雑貨店など多様な店舗形態において、様々な種類の商品を対象に実証実験を行ってきた。

 その結果、来店客の立ち止まり率が2.14倍、販売率が6.67倍増加した事例や、棚前の滞在時間が1.22倍、商品の手に取り率が1.81倍、販売率が2.37倍増加した事例などが出ている。

実証実験の結果

 このような背景のもと、同社は、新しい店頭プロモーションの本格的なサービス展開を目指し、イトーヨーカドー店舗内で開催される催事の売り場に自己推薦ロボットを設置し、1催事につき1社、自己推薦ロボットを活用した店頭プロモーションを実施する。

 11月は鍋フェアでミツカンの「鍋つゆ ストレートタイプ」、12月はイタリアンフェアで日清製粉ウェルナの「青の洞窟」のプロモーションを実施予定。なお、1月、2月の実施企業は現在募集中だという。

【関連記事】
サイバーエージェント、ECサイト事業者・小売企業向け広告配信サービスの提供を開始 生成AI技術を活用
サイバーエージェント、AIやCGを活用し広告クリエイティブ制作を行う「極AIお台場スタジオ」オープン
aini-ku、実演販売士の御子神翔吾氏と提携 店頭・ネットでの販促PRを支援するサービスを提供へ
KaizenPlatform、SNSと店頭プロモーションを連動させた販促サービスを提供開始
富士薬品、店頭ストアメディア機「セイムスタッチ」の全店導入を決定 AIが最適なクーポンを発行

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/11/10 07:30 https://markezine.jp/article/detail/44064

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング