SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

楽天、「2023年 エンタメ年間ランキング」を発表 任天堂の名作シリーズや「呪術廻戦」が根強い人気

 楽天グループは、オンライン書店「楽天ブックス」・電子書籍ストア「楽天Kobo電子書籍ストア」・電子雑誌読み放題サービス「楽天マガジン」・定額制の音楽聴き放題サービス「Rakuten Music」・動画配信サービス「Rakuten TV」を対象に集計した「2023年 エンタメ年間ランキング」を発表した。

任天堂のゲームが上位を占め、電子書籍は「呪術廻戦」がトップに

 まず「楽天ブックス」の年間ゲームソフトランキングでは、「ゼルダの伝説」シリーズの最新作「ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム」が1位に。同作品は「楽天ブックス」全商品ジャンルの中でも2023年最も売れた作品となり、人気が伺えた。

 2位には「スーパーマリオブラザーズ ワンダー」、3位に「ピクミン4」がランクインし、任天堂の作品がトップ3を占めた。

クリックして拡大

 「楽天Kobo電子書籍ストア」の総合ランキングでは、2021年と2022年のエンタメ年間ランキングに続き、「呪術廻戦」がトップとなった。2位以降は「キングダム」「【推しの子】」が続き、アニメでも人気の3作品が上位にランクインした。

 また8位の「葬送のフリーレン」と9位の「ミステリと言う勿れ」は、2023年の上半期ランキングではトップ10外であり、下半期にかけて関心を集めた作品だ。

クリックして拡大

 「楽天マガジン」の年間ムックランキングは、「楽天市場」の高評価アイテムを掲載した電子書籍『LDK 楽天 the BEST』が1位だった。なお同誌と3位の『LDK the Beauty 楽天コスメ the BEST』は、商品名をタップすると「楽天市場」の当該商品の検索結果や商品ページに遷移し、購入や商品情報を確認できる「リンク機能」を導入している。

 この他、韓国旅行誌もトップ10に2冊ランクインした。

クリックして拡大

Official髭男dismが連続で年間首位、タイのBLドラマも人気

 「Rakuten Music」の総合ランキングでは、2023年の上半期ランキングに続きOfficial髭男dismの「Subtitle」が1位を獲得。Official髭男dismは、2022年の年間総合ランキングでも「ミックスナッツ」が1位にランクインし、2年連続での首位となった。

 また3位にランクインしたYOASOBIの「アイドル」など、トップ10のうち6曲をアニメに関連した楽曲が占めた。

クリックして拡大

 「Rakuten TV」の総合ランキングは、アジア圏のBL(ボーイズラブ)作品がトップ10を占めた。1位にタイのBLドラマ「Love in The Air」が入るなど、トップ3はタイのBLドラマがランクイン。同ランキングを開始した2020年以降で、タイのBLがトップ3を占めるのは初となった。

クリックして拡大

【調査概要】

「楽天ブックス」
・集計期間:2023年1月1日(日)~10月20日(金)
・集計方法:ゲームソフトの販売データをもとに集計(予約販売を含む)

「楽天Kobo電子書籍ストア」
・集計期間:2023年1月1日(日)~10月20日(金)
・集計方法:販売数をもとにシリーズごとに集計(雑誌を除く)

「楽天マガジン」
・集計期間:2022年1月1日(土)~10月31日(火)
・集計方法:取り扱い雑誌・ムック各号の閲覧数とユニークユーザー数をもとに独自に算出

「Rakuten Music」
・集計期間:2023年1月1日(日)~10月20日(金)
・集計方法:楽曲ごとの再生ユニークユーザー数を集計

「Rakuten TV」
・集計期間:2023年1月1日(日)~10月20日(金)
・集計方法:売上金額をもとに集計(ライブ配信作品を除く)

【関連記事】
累計800人以上が受講したMarkeZineの人気講座がオフラインで登場!【12月開催】
楽天、「2023年 エンタメ上半期ランキング」を発表 旅行ガイドやアニメ楽曲、海外BLドラマが人気
楽天とOpenAI、「Rakuten AI for Business」を発表 2024年以降に提供
楽天とタカラ・エムシー、AIカメラ付きデジタルサイネージを活用した実証実験を実施
最も顧客満足度の高い“経済圏”は「楽天」/2位は「PayPay」3位は「イオン」/MMDLabo調査

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/11/27 13:45 https://markezine.jp/article/detail/44207

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング