SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ZETA SEARCH、商品情報の各種データ整備・整形の機能を強化 BtoB-ECも可能に

 ZETAは、同社のEC商品検索・サイト内検索エンジン「ZETA SEARCH」の基本プランに、複雑化した商品データを整形しサイト内検索の精度向上やSEO向上に寄与する仕組みを追加した。

 近年、日本国内のBtoB-EC市場は今後も規模拡大が見込まれている。こうした流れを受けてBtoB企業が自社ECサイト運営を始めることも増加傾向にあると予想される。そしてBtoB-ECサイトが持つ大きな課題の一つに、商品数の多さに対してサイト内検索結果の精度が低い傾向がある。

 こうした背景を踏まえ、「ZETA SEARCH」はこれまで培った知見やノウハウをもとに、複雑化したサイト内の商品データを抽出・加工して検索しやすくなるようチューニングを行った。

 これにより、サイト内のデータのスクレイピング、データのクレンジングや名寄せなどにZETAが対応することでデータの構造化・データの正規化が実現。導入企業は手間をかけずに検索精度向上を図ることが可能になる。

【関連記事】
伊藤忠商事、BtoB越境ECサービスの展開を発表 中国のECモールで流通する商品の調達が可能に
ECサービス「livedoorショッピング」2024年春にサービス開始へ 各メディア接点を活かし展開
ディール、「ECレビュークリエイティブ」の提供を開始 カスタマーレビュー活用を一気通貫で可能に
情報漏洩や不正トラフィックなどECサイトに潜むサイバー攻撃の危険性 顧客とブランドを守るには
ベクトル、ECとリアル店舗のデータを統合できる「THE [ ] STORE」と連動したPR支援を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/11/27 15:00 https://markezine.jp/article/detail/44209

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング