SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

伊藤忠商事、BtoB越境ECサービスの展開を発表 中国のECモールで流通する商品の調達が可能に

 11月15日、伊藤忠商事は、同社の子会社である伊藤忠繊維貿易(ITS)と、杭州史尼芙科技(以下、SNIFF)との合弁会社、浙江伊藤尼扶供応鏈(ITONIFF)が、日本の大手小売企業を対象に、中国国内で流通している商品を円滑に調達できるBtoB越境ECサービス「THE CKB X」の提供を開始したことを発表した。

 SNIFFは、主に日本のECモール出店者を対象に、中国のECモールで流通しているアパレル製品・生活雑貨などの商品が小ロット・多品種で調達できるBtoB越境ECサービス「THE直行便」を展開している。

 今回提供を開始するTHE CKB Xは、THE 直行便を日本の大手小売企業向けにカスタマイズしたもの。企業が持つ調達システムとの連携や、UIの改善、専属サポートチームの設置など、より円滑な商品調達に向けた対応を行う。

サービスの概要

 既に、パン・パシフィック・インターナショナルホールディングスが運営するドン・キホーテでの導入が決定しており、アパレル製品や生活雑貨などの商品調達に活用される予定。なお、既存サービスのTHE 直行便は、SNIFFがEC総合支援会社の「いつも」と新たに合弁会社を設立し、サービスを提供していく。

 伊藤忠商事は将来的には、中国のみならず韓国や欧米などからの商品調達や、日本商品の世界各国への調達など、グローバルにサービスを拡大し、さらなる収益基盤の強化を目指す。

【関連記事】
2日間の集中講座でWebマーケターのベースを作る、9人のプロから学ぶ基礎講座【12月開催】
ブレインパッドと伊藤忠商事、「生成AI研究ラボ」を共同設立 業務変革や新規ビジネス開発を支援
tensoとエートゥジェー、企業のシームレスな越境EC化を支援 運用を変えずに販路の拡大が可能に
ヤマト運輸ら、越境ECの匿名配送サービス「BUYMA YAMATO」の提供を開始
大広グループ、中国越境EC支援サービス「Direct to China」を提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/11/22 10:00 https://markezine.jp/article/detail/44187

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング