SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ニールセン デジタルのセールスディレクターに大瀧直文氏が就任 国内のビジネス拡大を目指す

 ニールセンは11月22日、大瀧直文氏が日本担当の新たなセールス ディレクターに就任した旨を発表した。大瀧氏は日本における広告主・広告代理店担当のチームを率い、国内でのビジネスを拡大するとともに、業界での長期的かつ戦略的な関係構築を目指す。

 大瀧氏は17年間にわたり、複数の業界やプラットフォーム企業において、マーケティングの経験を積んできた。これまでに在籍してきた企業はマインドシェア、ステーション、マッキャンヘルス、K&Lなど。

 ニールセンは今後、オペレーション面での優先順位の見直しや最適化を行い、日本の広告主や広告代理店に向けてより良いサービスを提供できるように取り組んでいく。

【関連記事】
ニールセン、音楽・音声配信サービス利用状況を発表/利用者数1位は「Spotify」の月1,257万人
ニールセン、Z世代のスマートフォン利用動向を発表 主要6媒体が占める時間は全世代より11pt高い
ニールセン、「ソーシャルメディア」ジャンルの利用状況を発表 LINEが最も多く8,089万人利用
スイッチメディア、オンデマンド視聴を考慮した視聴率算出サービスの提供を開始
ビデオリサーチ、動画配信プラットフォームの視聴率測定を開始 来春から関東地区にてβ版データを提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/11/27 11:15 https://markezine.jp/article/detail/44210

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング