SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

[開催まであと10日]ハッシュタグによる顧客と商品の出合い方が無料で聞ける|冬のECzine Day

 翔泳社が運営する「ECzine」は、2023年12月7日(木)に「ECzine Day 2023 Winter」を開催する。当日は、OMOやAI活用、サプライチェーン構築といった幅広いトピックスのセッションを無料配信。10:40~11:20配信のセッションでは、NTTドコモが「AIを活用したEC接客」を解説する。

EC接客の鍵は「AI活用」! ドコモの売上アップに繋がる「検索」とイマドキの商品との出合わせ方

 EC売上を上げるには、自社ECサイトへ訪れる顧客数を増やす必要がある。しかし、せっかく自社ECサイトを訪問した顧客が商品を購入しなければ、売上にはつながらない。顧客が欲しい商品を見つけられるような「接客」が、EC上でも欠かせない。

 自社のEC接客を改めて見直してみてほしい。顧客が商品を見つけやすい仕組みだと自信をもって言えるだろうか。

 本セッションでは、AIを活用した顧客目線のEC接客について具体的な施策を紹介。また、「検索」にフォーカスし、「ハッシュタグ」を通じた現代における商品と顧客との出合いまで解説する。

 事前申込締切は12月6日(水)13時。1セッションからでも申し込めるほか、事前申込期間中は視聴セッションの追加・変更も可能だ。人気のセッションは定員に達し次第、申し込みを締め切る場合もある。気になるセッションは、ぜひ早めに申し込むことをおすすめする。

 現時点で公開されているセッション情報は、次のとおり。詳細は「ECzine Day 2023 Winter」イベントサイトの「タイムテーブル」から見ることができる。

ECzine Day 2023 Winter セッションのご紹介

A-1

A-2

A-3

A-4

A-6

A-8

B-1

B-2

B-4

B-5

B-6

B-7

B-8

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/11/27 21:20 https://markezine.jp/article/detail/44225

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング