SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Z世代にとって2023年は「アニメ」の年、「推しの子」が一番流行ったと実感/サイバーエージェント調査

 サイバーエージェントは、Z世代が2023年に流行ったと実感する「2023年Z世代ヒットトレンドランキング」を発表した。

「アイドル」がZ世代全体のトレンド1位に

 まず、Z世代全体の2023年トレンドランキングを公開した。1位はアニメ「推しの子」の主題歌「アイドル」で、Z世代の間で流行ったと実感されている数値は60.6%となった。2位はアニメ「推しの子」で53.8%、3位はYouTuber「ちょんまげ小僧」のセリフである「ひき肉です」で52.3%、4位は野球選手の「大谷翔平」で51.0%、5位はTikTokで流行った言葉である「#なぁぜなぁぜ」が50.2%となった。

 上位30位では、アニメ「チェンソーマン」の主題歌である「KICK BACK」(27.2%)や「呪術廻戦第2期」(24.0%)、劇場版「名探偵コナン 黒鉄の魚影(サブマリン)」の主題歌「美しい鰭」(24.6%)などアニメ関連のワードが計8つランクインした。このことからZ世代にとっては2023年も「アニメ」の年になったと言える。

YouTube・TikTok発の流行がジェネレーションギャップに

 続いて、25歳までのZ世代と26歳以上の世代との回答の差から「ジェネレーションギャップランキング」を算出。1位は35.3%のギャップが生じた「ひき肉です」となった。また、ランキングの10項目のうち9項目がYouTubeおよびTikTok発の項目だったことから、Z世代の間で流行りが生まれそれがジェネレーションギャップを生んでいることがわかる。

YouTuber「ちょんまげ小僧」関連に注目が集まる

 次に部門別のランキングを紹介。まず言葉部門では、「ひき肉です」が52.3%で1位に。同部門においても、TikTokとYouTube発が上位10位中8位を占有。2つのメディアからZ世代で流行る言葉が多く生まれていることがわかる。

 有名人部門では、WBC出場選手である「大谷翔平」をはじめ上位10項目のうち5項目がスポーツ選手となった。このことから「スポーツ」に注目が集まったと言える。

 インフルエンサー部門では、YouTubeチャンネル開設から1年もたたずにチャンネル登録者数100万人を突破したYouTuber「ちょんまげ小僧」が43.8%で1位となった。一方、2位以降は10%台以下となっていることから、Z世代の間で絶大な影響力を持つインフルエンサーが減り、好みが多様化していることがわかる。

TikTokでは難易度が高いダンスチャレンジが見られるように

 続いて、TikTok部門では、1位の「ひひひき肉です」や、「ピーマン体操」「#首振りダンス」など、ダンス関連の項目が上位にランクイン。従来と比較して、難易度が高いダンスチャレンジが見られるようになった。

 音楽部門では、「アイドル」が60.6%で1位。他にもアニメの主題歌が6曲ランクインした。

ユニークなコミュニケーションをテーマにした場所やイベントに注目

 次に、漫画・アニメ部門では、「推しの子」が53.8%で1位となった。他にも少年・青年向け漫画雑誌に連載されている漫画、それらのアニメ化コンテンツが多くランクインした。

 場所・イベント部門では、23.5%で「友達がやってるカフェ」が1位になった。他にも、日常に潜む「いい人」のエピソードを集めた展示「いい人すぎるよ展」や、接客態度の悪さをエンタメ化したレストラン「the LAZY HOUSE」が上位にランクイン。ユニークなコミュニケーションをテーマにした場所・イベントが注目を集めていることがわかる。

【調査概要】
期間:2023年11月13日(月)~11月14日(火)
手法:Z世代(16~25歳)30名への定性調査、インターネットリサーチ
対象:全国男女15歳~59歳 2,884人(うちZ世代1,256人)※Z世代:25歳以下の高校生・大学生・社会人

【関連記事】
Z世代で「SPY×FAMILY」が流行/世代間ギャップ1位は「チグハグ」【サイバーエージェント調査】
2023年、Z世代のトレンドは?「ひき肉ポーズ」「やす子」「みそきん」などが人気【Simeji調査】
Z総研、2023年下半期のトレンドランキングを発表 「ひき肉です!」「三角チョコパイ」がZ世代で流行
Z世代が選ぶ2023年トレンド大賞、1位は「ChatGPT」【seamint.調査】
2023年のプレスリリース頻出キーワード、イベント・DX・新商品が上位に【PR TIMES調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/12/20 07:00 https://markezine.jp/article/detail/44390

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング