SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(AD)

CTV広告は認知以外にも効く! 広告経由の売上40%増・CPA50%改善に至ったアンファーの事例

 コネクテッドテレビ(以下、CTV)の普及などにともない、広告の出し先が増える昨今。各媒体で配信のパフォーマンスを高めるためには、適切なKPIとクリエイティブを設定し、運用のPDCAを回すアクションが不可欠です。本記事では、メンズシャンプー「スカルプD」などで知られるアンファーのキャンペーン事例を紹介します。テレビCMを中心にプロモーションを実施していたアンファーでは、CTVを含む各種媒体での広告効果をどのように高めていったのでしょうか? キャンペーンの詳細と成功のポイントを取材しました。

動画広告はテレビCMのリーチ補完施策だった

──今回お話をうかがうキャンペーンの対象商品「スカルプD メディカルミノキ5 プレミアム(以下、メディカルミノキ5)」について教えてください。

谷古宇:2022年10月に販売を開始したメディカルミノキ5は、第1類医薬品の発毛剤です。メンズシャンプーブランド「スカルプD」が展開する商品の中でも、特に「髪の毛を生やしたい」という願いに寄り添って開発されています。発毛効果が認められている成分「ミノキシジル」を国内最大濃度(※1)の5%配合しており、壮年性脱毛症による薄毛や抜け毛が生じている箇所にアプローチすることで、髪の毛を生やしたり脱毛進行を防いだりします。

※1 国内で承認されている最大濃度

谷古宇智弘氏
アンファー スカルプD本部 デジタルマーケティング部 デジタルマーケティング課 課長 谷古宇智弘氏

──メディカルミノキ5の対象ユーザーはどのような層ですか?

谷古宇:毛髪の悩みは人によって異なるため、一概に年代で対象を区切っているわけではありませんが、男性は30~40代で毛髪の悩みがピークに達すると言われているため、コアターゲットはその年代の男性と言えます。

──これまでアンファーでは、どのような方針でメディカルミノキ5のマーケティングを実行していたのでしょうか。

谷古宇:Web広告の配信にあたっては、刈り取りを目的とした静止画クリエイティブの出稿をメインに実施していました。Web広告のKPIとして獲得に重きを置いている当社からすると、動画広告はCPAが合わず、そこまで注力できていなかったのです。動画広告はテレビCMを出稿している期間にリーチを補完する目的で実施していました。

マイクロコンバージョンへの貢献度をいかに測るか

──先にうかがった方針でマーケティングを実行するにあたり、課題はありましたか?

谷古宇:動画広告に接触したユーザーが商品を検索したり、バナーをクリックしたりする可能性は大いにありますよね。獲得前のマイクロコンバージョンに動画広告がどの程度寄与するのか、測りたい気持ちがありました。動画広告によってマイクロコンバージョンが増えれば、施策単体で見たときのCPAは高くても、広告全体のCPAを下げる効果があるのではないか。そのような仮説のもと、今回のキャンペーンを通じて検証に踏み切った次第です。

──今うかがった課題感やニーズを踏まえて、どのような施策を立案しましたか?

谷古宇:広告代理店からコネクテッドテレビ(以下、CTV)での広告配信を提案されました。キャンペーンのポイントは二つあります。一つはクリエイティブです。テレビCMの素材を流用するのではなく、広告代理店にL字型のバナーを制作してもらい、CTV面に最適化したクリエイティブを用意しました。

 二つ目のポイントは配信の最適化です。最大のテーマであった「指名検索数の増加」に向けて広告代理店とプランニングをするにあたり、「マイクロコンバージョンに対する動画広告の貢献度を測る」という今回の目的を達成するためにはThe Trade DeskのDSPが最適だと感じました。なぜならThe Trade DeskのDSPは、CTVなどで動画広告を見たユーザーがその後に起こすアクションを可視化し、「どのアクションがビジネスに寄与し得るか」を見極めながら配信を最適化することができるからです。

次のページ
広告経由の売上は40%増 CPAは50%も改善

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

提供:The Trade Desk Japan株式会社

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/05/21 10:30 https://markezine.jp/article/detail/44807

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング