SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第99号(2024年3月号)
特集「人と組織を強くするマーケターのリスキリング」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ADK MS、講談社と連携しショート動画制作ソリューションを提供 編集力を活かしたコンテンツを企画

 ADKマーケティング・ソリューションズ(以下、ADK MS)は、講談社のコンテンツ提供型コンサルティングサービス「KiisS(キーズ)」と連携し、ショート動画制作のソリューションの提供を開始した。

 同ソリューションでは、ADK MSが企業の課題に応じてKiisS(キーズ)内の最適な編集部をアサインし、企画や制作に関するディレクションを制作会社に実施。講談社は、同社の発行する「ViVi」「VOCE」「現代ビジネス」など様々なジャンルの編集リソースを活用し、一次使用(クライアントのオウンドメディア)が可能なコンテンツを企画する。

制作動画の例:日本ケロッグ「プリングルズ」TikTok動画(企画・キャスティングは「ViVi」編集部)
制作動画の例:日本ケロッグ「プリングルズ」TikTok動画(企画・キャスティングは「ViVi」編集部)

 ターゲットに向けたSNSトレンドの把握やキャスティング、動画制作から広告運用まで、ワンストップでの対応が可能だ。

【関連記事】
ADK MS、コロナ禍における生活者意識の変化を調査 「人とのつながりでネットは不可欠」が過半数に
ADK MSら、動画ソリューション「ADK-MovieAd」を提供 各SNSに合った動画制作が可能に
ADK MS、文芸作家が制作したクリエイティブテキストを活用したXの広告パッケージをリリース
ADK MSと西日本新聞社とBS11、シニア向け動画コンテンツをリリース 観光振興や健康づくりを支援
ADK MSとオトナル、音声配信プラットフォーム「stand.fm」で運用型音声広告の効果検証を実施

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/02/22 11:30 https://markezine.jp/article/detail/44961

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング