SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第99号(2024年3月号)
特集「人と組織を強くするマーケターのリスキリング」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

今日からできる!マーケターのための賢いChatGPT活用術

【動画】画像を探すより、AIに指示を出すほうが早い?ChatGPTで簡単なイラストを作ってみよう!

 ChatGPT、使えていますか? 関心はあるけど、実際に使ってみるまでの機会がない。そんな方が多いのではないでしょうか。このシリーズでは、マーケターのための“賢い”ChatGPT活用を動画で解説。実際にプロンプトを入力し、アウトプットが出てくる様子を見ながら、サクッとChatGPTの使い方をイメージしてみましょう!

自分のイメージ通りの画像が簡単に生成できる!

 提案書に画像を入れたいけれど、フリー画像を探してもちょうどいいものが見つからない。コンテンツマーケティングのために運用しているブログ記事にちょっとした画像を入れたい。そんなときにもChatGPTが役に立ちます。

 慣れてしまえば、画像を探すよりもプロンプトでAIに指示を出して生成したほうが早くなるかも!? ちなみに、画像を読み込ませて「これを真似が画像を作って」というプロンプトは通らないようになっています。言葉で指示する必要があるので、いろいろと試してみましょう!

 なお、ChatGPTでの画像生成は有料版のみ可能です(2024年3月時点)。裏側ではDALLE-Eという画像生成AIが動いています。また、画像生成のAIはDALLE-E以外にも様々なものが存在します。たとえば、Adobeの「Adobe firefly」はAIの学習データに知的財産権のない画像や、利用が許可された画像のみを使用しているので、著作権に厳密に対処したい人には安心です。

 どのAIも使い方はあまり変わらないので、まずはChatGPTで基本を覚えて出力の好みや目的に合わせてAIを使いわけると良いでしょう。

 それでは、次のページにある動画(約5分)で、イラストを作るプロンプトと、イメージ通りのイラストを作るポイントをご覧ください。動画では「白い背景に青い線が波打っている」画像、「急がば回れ」をイメージする画像、モノトーンの車のアイコンを作っています。

 ※2024年3月時点では、生成する画像内に日本語を入れることが難しいため、広告バナーのようなテキストが入った画像の生成ではなく、一枚のイラストを生成するために使うのがおすすめです。

この記事はプレミアム記事(有料)です。ご利用にはMarkeZineプレミアムのご契約が必要です。

有料記事が読み放題!初月1円キャンペーン中!

プレミアムサービス詳細はこちら

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラスをご契約の方は
・こちらから電子版(誌面)を閲覧できます。
・チームメンバーをユーザーとして登録することができます。
 ユーザー登録は管理者アカウントで手続きしてください。
 手続き方法の詳細はこちら

次のページ
【動画】「急がば回れ」をイメージする画像を作ってみよう!

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
今日からできる!マーケターのための賢いChatGPT活用術連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

渥美 英紀(アツミ ヒデノリ)

株式会社ウィット代表取締役立命館大学政策科学研究科修了。さまざまな業界の売上アップ・ブランド強化・ 営業改善など100以上のプロジェクトを担当。特にBtoBのウェブマーケティング において高い成功確率を誇り、2009年に『ウェブ営業力』(翔泳社)を執筆。ア クセスログ解析システム、メール配信システム...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/03/15 09:30 https://markezine.jp/article/detail/45024

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング