SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂、東京大学などと共同で一般社団法人「WE AT」を設立 スタートアップエコシステムを創出

 博報堂、東京大学協創プラットフォーム開発、住友生命保険相互会社、キヤノンマーケティングジャパン、東京大学、東京医科歯科大学、京都大学が共同で、新たな一般社団法人「WE AT」を設立した。国内の主要大学、大企業、ベンチャーキャピタルの産学官連携を通じて、ソーシャルイノベーションを創出するための新しいスタートアップエコシステム作りを目指す。

画像を説明するテキストなくても可

 WE ATでは、主に次の事業を手掛ける。

  • 社会課題解決に資する技術をもったスタートアップの発掘と支援
  • 社会課題に対峙(たいじ)する社会起業家の育成
  • 事業開発支援およびグローバルも含めた市場開拓支援
  • スタートアップアワードの運営・開催を通じた、社会課題解決型スタートアップのプレゼンス拡大
  • 関連分野の調査研究と発信

 WE ATの共同代表理事には、博報堂の新事業開発を行う「ミライの事業」室長の吉澤到氏が就任。

 WE ATはグローバルエコシステムとの密接な連携を重要視し、海外エコシステムとの接続ルートを構築することで、Born Globalスタートアップの成長を後押しする。加えて、グローバル戦略の重要パートナーとして、JETROの国内海外拠点とも協調を開始した。

 また、東京都の運営するスタートアップの支援拠点「Tokyo Innovation Base(以下TIB)」と連携し、グローバルなイベント企画やコミュニティー形成などの活動をともに推進する。

 2024年11月27日には、WE ATが主催となり、シンガポールのTEMASEK FoundationやVERTEX Groupとも連携の上、アジア最大級のWell-Beingの祭典を目指したピッチコンテスト「WE AT CHALLENGE」の最終選考イベントを開催する。開催に際し、スタートアップや学生、社内起業家など多様な参加者からエントリーを募集することを計画中。イベントの詳細は2024年6月末に発表予定だ。

【関連記事】
位置情報共有サービス、10代の4人に1人が利用経験あり【博報堂ら調査】
メタバース関連サービス、利用のきっかけ1位は「友人や家族の利用」【博報堂DYホールディングス調査】
テレビ朝日ら4社、新規事業開発・スタートアップ支援のビジネスプラットフォームを始動
【参加無料】大手・スタートアップが取り入れるコミュニティ施策の効果
ビービット、マレーシアのOMOスタートアップを買収 東南アジア市場に事業拡大へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/05/20 14:15 https://markezine.jp/article/detail/45672

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング