SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

良品計画が登壇!リセール事業「ReMUJI」の取り組みからサステナビリティとビジネス成長の両立を語る

 翔泳社が運営する「ECzine」は、2024年6月6日(木)に無料オンラインイベント「ECzine Day 2024 June」を開催する。Cookieレス時代に通用する個性をテーマとした本イベントは、ユナイテッドアローズやシップス、ファンケル、ブックオフコーポレーションなどが登壇。メンバーズプログラムによる顧客との継続的な関係作り、信頼を得るためのデータ活用方法などといった幅広い内容のセッションを用意している。

ECzine Day 2024 June

 15:10~15:40に行われるセッションは、株式会社良品計画 産地開発部 素材開発担当課長 大常寿典氏/循環推進部 二次流通課 戸村幸太氏が登壇する。

 国内でも「サステナビリティ」への取り組みに関心が寄せられる一方で、具体的な事例はまだまだ少ないといえる。どうすれば、売上・利益の向上といったビジネス成長とサステナビリティを両立できるのだろうか。たとえば、2010年から自社の繊維製品の回収を行っている「無印良品」は、2015年に、回収した衣類を染め直して再販する「ReMUJI」をスタート。2021年からは、同事業により一層注力し、売上規模を拡大させている。本セッションでは、運営元である良品計画がリセール事業がもたらすメリットについて解説する。

 申し込みは1セッションからでき、事前申込期間中は視聴セッションの追加・変更も可能となっている。人気のセッションは定員に達し次第、申し込みを締め切る場合もあるため、気になるセッションは、早めに申し込むことをおすすめしたい。また、事前登録のうえ、当日3セッション視聴した人に対し、抽選で翔泳社の本を1冊プレゼントするキャンペーンも実施予定となっている。

 現時点で公開されているセッション情報は、次のとおり。詳細は「ECzine Day 2024 June」イベントサイトの「タイムテーブル」から見ることができる。

ECzine Day 2024 June セッションのご紹介

A-1

A-3

A-4

A-6

  • セッション名:coming soon
  • 登壇者:株式会社バニッシュ・スタンダード BizGrowth Unit Sales Manager 薄井崇史氏

A-7

A-8

A-10

B-1

B-3

B-4

B-5

B-7

B-9

  • セッション名:アダストリアのDX革命と成長を促すIT戦略
  • 登壇者:株式会社アダストリア DX本部 シニアマネジャー 豊永周平氏/日本オラクル株式会社 NetSuite事業統括 シニアディレクター アカウント営業本部 本部長 福宮友和氏

B-10

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/05/20 17:00 https://markezine.jp/article/detail/45681

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング