SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ベーシックとこんにちハローが業務提携 動画・ホームページの多言語展開を簡単にする新サービスをリリース

 BtoBマーケティングの支援を行うベーシックと、多言語動画翻訳サービス「こんにちハロー」を運営するこんにちハローが業務提携契約を行った。それにともない、インバウンド事業者等を対象とする「月1万円からはじめる『動画とページを多言語化するLPサービス』」を提供する。

 同サービスは、ベーシックが提供する多言語化ページを量産できるCMS機能と、こんにちハローが提供する日本語の動画を他言語に翻訳するサービスを組み合わせており、多言語によるホームページや動画コンテンツの提供を簡単にする。

画像を説明するテキストなくても可

 これにより多くのインバウンド事業者が抱える、英語が話せず動画でのプロモーションが難しい、ホームページの翻訳に不安を感じる、専任人材がいないためウェブサイトの定期的な更新が困難、といった課題の解決を目指している。

【関連記事】
【耳から学ぶ】翻訳サービス「DeepL」のCROが語る有料化の戦略
Wovn Technologiesとみらい翻訳、日⇔中翻訳提供で協業開始 多言語化の生産性向上へ
Synamon、ロゼッタと「リアルタイム多言語翻訳システム装備のVRオフィス」を共同開発
ナビタイムジャパン、店舗情報やメニューなどを自動で多言語化する機能を開始 店舗案内に適した翻訳が可能
LBMA Japan、米MRCが発行する「位置情報計広告計測ガイドライン」の日本語翻訳版を無償公開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/05/22 16:00 https://markezine.jp/article/detail/45683

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング