SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Synamon、ロゼッタと「リアルタイム多言語翻訳システム装備のVRオフィス」を共同開発

 VR・ARを開発するSynamonは、AI翻訳のロゼッタと、「リアルタイム多言語翻訳システム装備のVRオフィス」を共同開発した。

「リアルタイム多言語翻訳システム装備のVRオフィス」イメージ画像
「リアルタイム多言語翻訳システム装備のVRオフィス」イメージ画像

 同サービスは、Synamonの開発するVRビジネス施設NEUTRANS内のバーチャル空間上に、ロゼッタが開発した音声認識・音声翻訳のAPIを使った音声翻訳機能を搭載。これにより、話者の話した内容をリアルタイムに翻訳することを可能にした。対応言語は日本語・英語・中国語(簡体)の3言語で、操作パネル上で音声翻訳機能のオン/オフや翻訳言語を切り替えることができる。

 ロゼッタは2020年10月より本社機能のVR移転を開始し、国境・言語・文書フリーのVRオフィスを中心としたVR事業を開発するため、Synamonと資本業務提携を行っていた。両社はVR事業を推進するなか「VR会議×多言語翻訳」の可能性を検証すべく、NEUTRANSのバーチャル空間上にロゼッタが持つAI翻訳のAPIを組み込めないかと考え、共同開発をするに至った。

【関連記事】
博報堂DYMP、4社で事業提携 複合型VRイベント会場「VRADE」を開設
横浜DeNAベイスターズ、VRで観戦体験ができる「バーチャルハマスタver.2」を開催
KDDI、スマホをかざして歩くだけでVRの別世界に移動できる「au XR Door」を開始
電通が「XRX STUDIO」を発足、XR活用した新しい顧客体験づくりからビジネス開発まで実施
博報堂と博報堂DYMP、XR技術を活用するグループ横断プロジェクト「hakuhodo-XR」を始動

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/03/10 18:48 https://markezine.jp/article/detail/35709

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング