SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LBMA Japan、米MRCが発行する「位置情報計広告計測ガイドライン」の日本語翻訳版を無償公開

 LBMA Japanは、米Media Rating Council(以下、MRC)が発行する「MRC Location-Based Advertising Measurement Guideline(位置情報計広告計測ガイドライン)」を翻訳し、一般公開した。

 LBMA Japanは、位置情報を活用したマーケティングやサービス施策の促進を目的に活動。一方MRCは、メディアに関する調査と評価を行っている。

 LBMA Japanは、2019年10月の発足以来、各業界を横断した位置情報の集計や広告の分析、レポーティングに関する基準が日本国内の事業において定まっていないことを課題と捉え、MRCと議論してきた。

 今回のガイドラインは、MRCの協力を得てLBMA Japanが翻訳。位置情報に関する分析を行う上での基礎的な単語の解説から、標準的な位置情報分析の手法、レポーティング項目に載せるべき項目などを網羅している。

【関連記事】
LBMA Japan、位置情報マーケティング・サービスのカオスマップを公開
LBMA Japan、位置情報等の「デバイスロケーションデータ」利活用に関する共通ガイドラインを発表
三菱商事・ユービーエス・リアルティとunerryが連携 位置情報の活用で商業施設のDXを推進
三井物産グループのLegoliss、Foursquareの位置情報を活用したDMPの販売開始
PORTOがFoursquareと連携 位置情報を活用したターゲティング広告配信や来店計測が可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング