SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通デジタル、「∞AI Chat」にOpenAIなどの大規模言語モデルを実装 対話型AI開発を支援

 電通デジタルは、AI活用によって企業のマーケティング活動支援を総合的に行うサービスブランド「∞AI」のうち、対話型AIで顧客接点の高度化や業務効率化を支援する「∞AI Chat」において、大規模言語モデル「GPT-4o」「Gemini 1.5」「Claude3-haiku」を実装した。

 「∞AI Chat」は、クライアント企業が独自データの登録を行いスムーズにチャットボットを構築できるソリューションだ。作成した対話型AIはWebサイトやLINEアカウント、Teams、Slackなどの各種コミュニケーションツールに接続でき、会話ログの分析などを通じてマーケティングPDCAへの有効活用も可能となる。

 同ソリューションが、OpenAIの「GPT-4o」、Googleの「Gemini1.5」、Anthropicの「Claude3-haiku」への対応することにより、AIによる回答の精度・速度・利用コストを改善。企業のニーズに合わせて、多角的な価値の提供を実現する。

 今後は、バーチャルヒューマン接続機能や会話ログの分析ダッシュボード搭載などの機能を順次実装する予定だ。

【関連記事】
電通デジタル、新指標「ブランドイマーシブタイム」を提唱 3D空間メディアのマーケティング効果を計測
電通デジタル、Snowflake活用のコンサルティングサービスを提供開始
電通デジタルとJTB、マーケティング支援で協業 地域の観光課題に対して伴走する支援サービスを展開
FOR YOU、電通デジタルらと共同でZ世代向けTikTok・ショートドラマのワークショップを提供
電通デジタル、SAPジャパンとパートナー契約を締結 企業の顧客データ戦略を支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/06/14 08:15 https://markezine.jp/article/detail/45942

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング