SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「AIはインサイドセールスの仕事を奪う」のか? 米国AI事情&「InsidesalesAI」最新デモ

 MarkeZineの関連メディア・SalesZineは、2024年7月12日(金)に「SalesZine Day 2024 Summer」を大崎ブライトコアホール(東京・大崎)で開催します。

 13:00~13:40にAトラックで行われるセッション「AIは営業の仕事を奪うのか? 米国AI事情&「InsidesalesAI」最新事例を大公開!」には、『インサイドセールス 訪問に頼らず、売上を伸ばす営業組織の強化ガイド』(翔泳社)著者の茂野明彦さん、会話型AI構築プラットフォーム「miibo」を提供するmiibo代表・功刀雅士さんが登壇します!

【セッション詳細・申し込みは画像をクリック】

 2022年11月に「ChatGPT」が公開され、2023年は「生成AI」があらゆる企業・業種で注目されました。2024年現在は最新の「GPT-4o」 への注目も集まっています。

 一方、AI活用において必ず生まれる議論があります。「AIは人間の仕事を奪うのか」──。生成AIは、「インサイドセールスや営業の仕事を奪う」のでしょうか? 2020年に刊行された書籍『インサイドセールス』の中で、茂野さんは「見込み顧客へのインバウンド対応を行う『SDR』は減少する」と語っています。

参考記事

 本セッションでは、営業活動におけるAI活用の答えのひとつとして「InsidesalesAI」が紹介されます。おふたりがタッグを組んで開発する、買い手の課題を紐解き、提案まで行う「InsidesalesAI」とは? ぜひ最新のデモを現地でご覧ください

 そのほかにも米国・日本におけるAI活用の現状など、この日しか聞けない最新情報満載のセッションです。イベント特設ページからご登録をお待ちしています。

[来場者特典を公開]書籍やQUOカード1,000円分のプレゼントも!

登壇者を交えた懇親会も実施!SalesZine Day 2024 Summer 開催概要

  • イベント名称:SalesZine Day 2024 Summer
  • 日時:2024年7月12日(金)13:00~18:20
  • 会場:大崎ブライトコアホール(〒141-0001 東京都品川区北品川5丁目5-15 大崎ブライトコア3F)
  • 主催 株式会社翔泳社 SalesZine編集部
  • 参加費:無料(事前登録制) 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/06/14 07:15 https://markezine.jp/article/detail/45949

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング