SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ブランド力向上に貢献するEC梱包 コスト高騰時代こそやるべきクオリティー向上策・事例を紹介●8/27

 翔泳社が運営する「ECzine」は、2024年8月27日(火)に無料カンファレンスイベント「ECzine Day 2024 Autumn」を東京・神田明神ホールにて開催する。商機を逃さない売り場作りをテーマとした本イベントは、ハヤカワ五味氏、ハルメクなどが登壇。EC×AI活用、通販から店舗ビジネスへの拡大ストーリー、ソーシャルコマース、購入後体験の構築などといった幅広い内容のセッションを用意している。

ECzine Day 2024 Autumn

 16:30~17:00に行われるセッションは、株式会社shizai 共同創業者・取締役 油谷大希氏が登壇する。

 梱包資材を「ただ届けるためのもの」と考えてはいないだろうか。特にリアルな顧客接点をもたないEC・D2Cにおいて、商品が届く瞬間の演出は好感度や愛着を高める上で重要な要素の一つだといえる。単なるコスト削減の視点だけではなく、ブランディング視点も必要だ。

 本セッションでは、値上がりする資材や輸送費といった環境を考慮しながらも、コスト削減と体験向上を両立する方法や、それらを実践する事業者の事例をお届けする。

 参加は1セッションからでき、8月26日(月)13時までの事前申込期間中には参加セッションの追加・変更も可能となっている。人気のセッションは定員に達し次第、申し込みを締め切る場合もあるため、気になるセッションは、早めに申し込むことをおすすめしたい。また、事前登録のうえ、当日最後まで参加した人に対し、抽選で翔泳社の本を1冊プレゼントするキャンペーンも実施予定となっている。

 全12セッションの詳細は逐一更新予定。「ECzine Day 2024 Autumn」イベントサイトの「タイムテーブル」から見ることができる。

ECzine Day 2024 Autumn セッションのご紹介

Session1

Session2

  • セッション名:coming soon
  • 登壇者:株式会社SUPER STUDIO

Session3

  • セッション名:coming soon
  • 登壇者:dentsu Japan

Session4

Session5

Session6

Session7

Session9

Session10

  • セッション名:coming soon
  • 登壇者:STORES 株式会社

Session11

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/07/10 15:00 https://markezine.jp/article/detail/46208

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング