SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ネットマーケを斬る!4大サイト編集長の辛口コラム

ペイ・パー・ポスト。愛すべき5つの理由

このコラムは、「Markezine」と「Web担当者Forum」「日経ネットマーケティング」各誌の編集長が、毎回同じテーマでネットマーケティングを語るコーナーです。 他誌編集長のコラムも併せてご覧ください。 ・PPPにも新手の動き、納得性ある掲載の“作法”は確立するか (日経ネットマーケティング) ・今さらだけどペイパーポストに関して意見を整理してみた (Web担当者Forum)

Pay Per Paste(編集いらず)

 ペイ・パー・ポストは、廉価版のEditorial(記事広告)だと言える。比較的低いコストで数多くの記事を生み出すことができる。

 しかし、ペイ・パー・ポストのプログラムのいくつかでは、広告主から提供される原稿素材に対して編集を加えることが、禁じられている。

 最終消費者に近い目線で書かれる、個性にあふれたコンテンツこそが、クチコミには必要だと思う。しかし、編集いらずのペイ・パー・ポストではそれは難しそうだ。ただし、細々とした編集作業に疲れ果てた編集者、果てしない更新に飽き始めたブロガーにとっては、これほどありがたいプログラムはないだろう。

Pay Per "Good" Post

 すべてのインターネット広告サービスと同様、ペイ・パー・ポストも新しい手法だ。他のすべてと同様、今後、新たなアイデアによってより良いものへと改善される可能性がある。

 良い投稿に対して、より多くの報酬を支払う方法も模索されている。クリック課金や成果報酬との組み合わせを超えたレベルで、投稿の「良さ」を測ることも可能になるだろう。

 もしくは、数回のペイ・パー・ポスト プログラムを通じて発見した有望な書き手にコンタクトを取り、彼らを継続的な書き手とした自社コンテンツを企画するのはどうだろうか。書きたがらない、あるいは、書きたがりすぎる自社社員をリソースとして運営するよりも、良い結果が出るに違いない。(一旦は不要とされた編集者も、これには参加させてもらえるかもしれない)

「にも」から得られる気づき

 ペイ・パー・ポストのセールスマンは多くの場合、彼らの提案を通じて得られる被リンクの価値を喧伝する。「クチコミ広告としての効果だけでなく、SEO『にも』役立ちます」というフレーズを耳にした方は多いだろう。

 小さなブログからの被リンクのSEO効果を論じるのは難しい。が、「にも」というフレーズはSEOと同じくらい重要で、しかも、ここから教訓を得るのはとても簡単だ。

 セールスマンに限らず、周囲の誰かがこのフレーズを発したら注意しよう。あなたがとるべき反応はおそらく次のようなものだ。

「ペイ・パー・ポストは、SEOにも効果があるんです」

「SEO? 確かに重要だ。もしかしたらペイ・パー・ポストではなくSEOのコンサルティング契約の見直しに十分な時間を割くべきかもしれないな。いいアドバイスをありがとう。では」

 我々に与えられた時間と予算は、限られている。何を目的としたマーケティング施策を練るべきなのか? 私にとっては、反省の良いきっかけであった。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
格好のターゲット

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ネットマーケを斬る!4大サイト編集長の辛口コラム連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ローレンス・渡辺・ピーター(ローレンス ワタナベ ピーター)

MarkeZine編集長(2008年4月~)。サイバーエージェント藤田氏、クレイフィッシュ松島氏らと同じ1973年世代。検索連動型広告とカレーが好き。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング