SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

気になるあの会社に編集部がおじゃましてきました

【会社訪問レポ】BuyMa(バイマ)のエニグモに行ってきました

ちょっと気になる感じの会社におじゃまし、社長さんやスター社員にインタビューしてみよう!というこの企画。今回は、「BuyMa(バイマ)」を作ったエニグモの経営者お2人が、登場です(この記事は、CAREERzineから一部を転載したものです)。

2人の社長が率いる「謎の会社、世界を変える。」

 株式会社エニグモは、2名の共同代表という珍しいスタイルをとっている。同社を率いる代表取締役 共同最高経営責任者(CEO)は、須田将啓氏と田中禎人氏。ともに、以前は大手広告代理店の博報堂でマーケティングプランナーとして活躍していた。2002年、田中氏があるビジネスのアイデアを思いつき、須田氏に持ちかけたことが創業のきっかけだ。ちなみにそのアイデアとは、今日エニグモが展開する世界最大のバイイング・マーケット「BuyMa(バイマ)」の根本となるものだった。

 2008年7月現在、「BuyMa」は会員数32万人以上、世界65ヵ国に1万人の登録バイヤーを擁するサービスに成長。ほかにも、個人ブログを活用してクチコミを誘発する「プレスブログ」、消費者が企業の動画CMを制作する「filmo(フィルモ)」、個人の不用品を会員同士で共有物としてシェアできる「シェアモ」といった、世界初のサービスを次々に世に送り出している。

 ──と書くと、常に順風満帆でここまでやってきた会社のようにも見えるが、もちろんそんなことはない。「BuyMa」をいざリリースしようというときに、開発を依頼していたシステム会社に直前で夜逃げされるなど、深刻なピンチにも幾度となく陥った。それらを1つひとつ乗り越えてビジネスを成長させてきたタフな会社なのだ。 こうしたベンチャー企業の草創期から現在に至る軌跡は、非常にドラマチックなものがある。エニグモのそれは、今年3月に出版された須田氏と田中氏の著書『謎の会社、世界を変える。エニグモの挑戦』(ミシマ社)で詳しく知ることができる。(この続きはCAREERzineでどうぞ!)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
気になるあの会社に編集部がおじゃましてきました連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

CAREERzine編集部(キャリアジンヘンシュウブ)

プログラマやウェブマーケターなど、IT&ウェブ業界でのキャリア構築を支援する無料ウェブマガジンCAREERzineの編集部。出版社の歴史と信頼、ウェブマガジン編集部のフットワークと情報力を活かして、読者の皆さんのよりよいキャリア構築をお手伝いします。 

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/08/13 11:00 https://markezine.jp/article/detail/4935

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング