MarkeZine(マーケジン)

記事種別

【投票企画】運営しているサービスを「CGM」と呼ばれるのは好き?/ユーザーを集めるにはどうすればよい?

2008/08/29 12:35

 9月12日開催のMarkeZine主催イベント「MarkeZine Day 2008」内で2つのパネルディスカッションを行います。18時からB会場では「行列のできるCGMサービスの作り方」と題したパネルとなります。おかげさまでたくさんの質問が集まりました。ご協力ありがとうございました!次は投票へのご協力もぜひお願いいたします! 【当日開催されるもうひとつのパネルディスカッション「マス広告 VS ネット広告からの卒業 次世代マーケティングの作法」の投票はこちらからどうぞ!】  

パネル概要/出演者プロフィール

 「MarkeZine Day 2008」B会場のパネルタイトルは「行列のできるCGMサービスの作り方」です。モデレーターはアジャイルメディア・ネットワークの取締役であり、ブログ「tokuriki.com」でもお馴染みのの徳力元彦氏が務めます。パネラーは、今後の展開に注目の「ニコニコ動画(夏)」の運営元であるニワンゴの杉本氏、クチコミサイトとして確固たる地位を築いた「@cosme」の運営元アイスタイルの西氏、今年一番の注目サイト「pixiv」の運営元、クルークの片桐氏。

 新旧を代表するCGMサービスを集め、行列のできるサイトになるための秘訣を語っていただきます。

出演者の詳細なプロフィールはこちらからご確認ください

以下の質問が集まりました

 8月26日の18:00に編集部から送信したお題募集メールにご返信いただき、以下の質問が集まりました。ご協力いただきありがとうございました!この中で投票数の多い質問から順に当日のお題とさせていただきますので、「回答を聞きたい!」という質問がありましたらぜひ投票してください!

 投票は、Googleドキュメントの「フォーム機能」を使っておこないます(複数選択可能)。当日にどの質問を採用するのかは、イベント開催前に発表します。それでは、ご協力よろしくお願いいたします!

【受付終了のお知らせ】
投票は受付は9月5日12:00をもちまして、終了させていただきました。おかげさまでたくさんの投票が集まりました。ご協力ありがとうございました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5