SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

有職女性のお肌のピークは「日曜日」サイアクなのは「金曜日」【資生堂「肌意識調査】

 資生堂は7月に、首都圏・京阪神に在住の25~34歳の有職女性514名を対象に「女性の肌意識調査」を実施。この結果、80.9%が「肌のコンディションは生活などの様々な要因で左右されやすい」と感じており、肌の自己評価(自己採点)は、最高点である日曜日の73.8点から週末に向かって次第に低下し、金曜日には61.0点に下降していることがわかった。有職女性の多くは、仕事の疲れやストレスが平日の間に次第に溜まって、金曜日に肌のコンディションが最も低下すると感じている。

1週間の肌の自己評価 (n=514)

 女性たちの生活背景を見ると、平日の仕事時間の平均は8.8時間で、4人に1人は10時間以上働いている。一方、睡眠時間の平均は、平日が6.1時間、休日は8.3時間。平日の就寝時間は24時以降が77.8%、起床時間は6時以前が53.1%となっており、76.9%が「睡眠不足」を感じている。

平均の仕事時間

 また、93.0%の人が「普段の生活の中でイライラやストレスを感じている」と答え、70.7%が「以前に比べ、ちょっとしたストレスや生活環境の影響で、肌に不調があらわれやすくなった気がする」と回答し、生活要因による肌不調が近年増加していることをうかがわせる。また、82.2%が「生活環境の変化やストレスに左右されず、ベストコンディションが続く安定した肌になりたい」と望んでいるにも関わらず、「不規則な睡眠、食生活などの習慣をなかなか改善することが出来ない」「多忙なときはスキンケアを手抜きしてしまいがち」と答える人が50%を超えている。

 また、同社の経年調査によると、自分の肌を「敏感肌である」「やや敏感肌である」と感じている女性が年々増加しており、1995年では4割程度だったのが、2001年以降は7割以上の人が自分を敏感肌であると感じている。

敏感肌意識(20~30歳代女性 n=1,079)

【関連記事】
セガと資生堂、顔認識技術を使ったDS向けゲームソフトを共同開発
大学生が就職したい企業1位に「全日空」が返り咲き、ダイバーシティ評価では資生堂が圧倒的No.1
コスメ・コム、高級化粧品ECサイト「エクラスボーテ」オープン

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/10/20 11:55 https://markezine.jp/article/detail/5709

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング