SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通イー・リンクと24-7 Searchが合併、「株式会社電通サーチ&リンク」に

 サイバー・コミュニケーションズ(cci)グループは、子会社である電通イー・リンクを中心にリスティング広告を取り扱い、今年度からはオプトのリスティング広告業務を電通イー・リンクが受注するシステムもスタートさせ、この分野でのサービス体制の充実を図っている。一方、24/7 Real Mediaと電通の共同出資により設立された24-7 Search(本社:東京都港区)は、リスティング広告のマネジメントシステムを利用した高度なオペレーションサービスを強みとして、日本市場のサーチマーケティング領域で事業を展開している。

 この両社が合併して誕生する「株式会社電通サーチ&リンク」は、2009年1月1日を効力発生日(予定)とし、インタラクティブ領域を中心としたマーケティングサービス業を展開する。代表取締役社長CEOには、現24-7 Search取締役社長である松岡健氏が就任する。資本金4億円は、cciが33%、24/7 RMが25%、電通が42%を出資。ただし、合併後にcciは電通が保有する株式の一部を取得するため、株式譲渡後の持分比率は、cciが51%、24/7 RMが25%、電通が24%となり、新会社はcciの連結子会社となる。

【関連記事】
So-netと角川モバイル、電通イー・リンクの3社が共同会社設立
cci・電通ら4社、クライテリアの第三者割当増資を引受け
cciグループ、モバイル広告とモバイルソリューション事業でネイキッドテクノロジーと提携

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング