SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Google、「カスタム検索」日本語版の提供開始

 「カスタム検索」は、ウェブサイトやブログなどにGoogleの検索機能を提供し、目的に合わせたさまざまなカスタマイズが可能となっている。たとえば、検索結果の表示ページのデザインをそのサイトのデザインに合わせたり、検索結果ページで検索を絞り込んで、ユーザーが探している情報を見つけやすくしたりすることができる。

 検索エンジンの作成時には、コンテンツやテーマを表すキーワードを設定することで、検索結果の精度や関連性を高めることができる。また、検索対象には「選択したサイトのみ」「ウェブ全体(選択したサイトを重視)」「ウェブ全体」を選ぶことができる。検索対象とするウェブサイトは複数指定することができる。

 カスタム検索エンジンには2つのエディションがあり、「スタンダード エディション」はGoogleの検索技術を使って自分のサイトの検索機能をカスタマイズするもの。検索結果の横には広告表示が必須となるが、検索向けAdSenseによってこれらの広告から収益を得ることができる。一方、「Google Site Search」では、年間料金100米ドルで追加オプションの利用、サポート保証、XML API による検索結果の詳細なカスタマイズが可能となり、検索結果ページに広告が表示がされなくなる。

【関連記事】
米Google、AdWords広告を非表示にできる企業向け検索エンジンの有料版を発表
YouTube、ホームページをカスタマイズ可能に
Google、検索結果のパーソナライズ機能をさらに強化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/11/13 19:35 https://markezine.jp/article/detail/5891

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング