MarkeZine(マーケジン)

記事種別

英・米・中…海外の動向は?
バイラルマーケティング最新事情

2008/12/23 11:00

 今回は、海外のバイラルプロモーション事情について紹介する。日本のバイラルプロモーションは、海外を手本にしながら発展してきた。現在、バイラルプロモーションは世界各国で行われているが、それぞれの事情、温度感はさまざまである。そこで、代表的な国として、イギリス、アメリカ、中国の3か国を取り上げ、それぞれの傾向を紹介していく。【連載バックナンバー】

海外の手法に見習う

 海外のバイラルプロモーションを直接手がけるケースはまだまだ少ないかもしれないが、インターネットを使ったマーケティングの場合、海外の事例を日本流に置き換えて、展開する場合が多い。今後の日本のバイラルプロモーションの方向性を占う意味でも、多少なりとも参考にして頂ければ幸いである。

テレビからネットへのシフトが加速~イギリス

 イギリスは世界有数のネット広告先進国である。International Herald Tribuneの報じるところによると、2008年はネット広告の予算が、テレビ広告の予算を上回る見込みとなっている。同誌はまた「ネット広告の成長の主な牽引役は検索連動広告だが、テレビからネットへのシフトには動画広告が貢献している」と述べており、動画広告が好調なことがうかがえる。

 イギリスはバイラルCM発祥の地であり、日本に比べてもその浸透度は高い。バイラルCM専門の広告会社も多数存在しており、日本にも進出している。例えば日本でも人気のバイラル広告ランキングサービス「VIRALCHART」はイギリスのザ・バイラル・チャート社が運営するサービスである。

 最近話題となったイギリス発のバイラルCMの筆頭には、英キャドバリー社のチョコレート「キャドバリーデイリーミルク」のゴリラのムービーがある。

キャドバリーデイリーミルクのゴリラムービー

 このムービーはゴリラのドラマーが恍惚の表情でドラムを演奏するというもので、テレビとネットの両方で放映され、特にネット上で大きなバイラルを巻き起こした。オリジナルだけにはとどまらず、ファンにより作成されたさまざまなリミックスバージョンがYouTube等に投稿され、バイラルは更に勢いを増していった。

 日本のバイラルCMは現状それほど盛り上がっているとは言い難いが、中長期的に見て有望な分野であることは間違いないので、ぜひその動向に注目して欲しい。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5