SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

携帯契約数シェア、ドコモは1.82%減、ソフトバンクは1.34%増【2008年携帯契約数総まとめ】

 社団法人電気通信事業者協会の発表によると、2008年12月末時点で携帯電話の契約純増数で1位となったのはソフトバンクモバイル。以下、イー・モバイルに猛追されていたNTTドコモが3か月ぶりに2位となり、3位イー・モバイル、4位はauとなった。

事業者別契約純増数の推移 (2008年1月~12月)

 上のグラフは2008年1年間の純増数の推移をまとめたもの(auは、KDDIが2008年3月末日でサービスを終了したツーカーのマイナス分を含まない単体データ)。3月時点では、auとソフトバンクモバイルはともに50万を超える純増を示していたが、auはその後低迷し、新規参入したイー・モバイルに6月に抜かれている。

 2008年12月末時点の、携帯4社の累計契約数のシェアは以下のとおり。2008年1月末時点でのシェアと比較すると、ドコモは1.82%減、auは0.35%減、ソフトバンクは1.34%増、イー・モバイルは0.82%増となり、通年ではドコモとauはマイナス、ソフトバンクとイー・モバイルがプラスとなった。

2008年12月時点の累計契約数における4社のシェア

 ソフトバンクが華やかに話題を振りまくなか、各社微増・微減の1年となった2008年。ドコモは後半、持ち直しているものの、auの不振は今年も続きそう。ユーザーの満足度調査では高い評価を得ているだけに、au不振の理由にはなにか根本的な問題がありそうだ。

【関連記事】
サービス満足度1位はau、端末メーカー1位はソニエリ【J.D. パワー顧客満足度調査】
ユーザーの本音「新機能はもう十分、料金を安く」、満足度が最も高いのはソフトバンクの「ホワイトプラン」【カカクコム調査】
7月の携帯契約純増数でauが絶不調、iPhone発売もソフトバンクの伸びはやや渋め?
auが減速、6月の携帯電話契約純増数でイー・モバイルに抜かれて最下位に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/01/13 13:20 https://markezine.jp/article/detail/6297

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング